ジャブ -全ての突破口となる基本のパンチ-

全ての打撃系格闘技において、最も基本的で重要な攻撃が、このジャブである。

数あるパンチの中でも最も頻繁に使われるものであり、その習得をなくしてはパンチを使いこなすことができないと言っても過言ではない。

最も多用し、そして最も隙のない攻撃である。

相手との距離感を測り、攻撃のリズムを作る。相手を牽制し、コンビネーションに繋げる。相手の攻撃を誘い、カウンターを狙うなど、様々な使い方がある。

まずは相手との距離を計り、左足を軽く一歩踏み込みながら、同時に左の拳を相手の顎へ向けて放つ。




その際に、絶対に脇を開けないこと。

脇を開けるとモーションが大きくなり、相手に攻撃を見切られてしまう可能性が高い。

左腕を伸ばしきったら、素早く元の位置に拳を引き、元の構えに戻る。

注意点は、右のガードを絶対に下げないことである。

ジャブを当てることにばかり意識がいくと、ガードがおろそかになってしまうことが多い。

常にガードを意識して練習をしなければならない。

威力よりもスピードを重視して、最短距離で打てるように、何度も反復練習をして、是非マスターしてもらいたい攻撃である。

ボクシングには、「左を制する者は世界を制す」という言葉があるほど重要な攻撃である。

余談だが、大手のボクシングジムへ入門したら、最初の一ヶ月はジャブの練習以外はやらせてもらえないと聞いたことがある。