後ろ回り蹴り -回転の力により抜群の威力を誇るキック-

後ろ回し蹴りは、非常に派手な大技であり、見た目通りに威力が高く、一撃で相手を倒せるだけの攻撃力のある蹴りなのだが、モーションの大きさから、命中率は低く、いきなり出しても当たらないだろう。

だが、この技を得意としている選手も多く、練習次第では強力な武器となる蹴り技である。

後ろ回し蹴りの蹴り方は、まず、左足を少し右に移動させる。

左足を軸に、身体全体を右に回転させ、右足を上げ、相手の腹部を目がけ、回転の勢いを利用して蹴り込む。

その際、必ず目線は相手の方を向ける。

相手を見なければ、目標のポイントがわからないため、まず蹴りは当たらないだろう。

蹴り終わった後は、素早く元の構えに戻る。

後ろ回し蹴りにおいて、当てる場所は相手のみぞおちである。




右足の踵を思い切りぶつけるイメージで蹴り込むといい。

初心者のうちは、あまり多用しないように注意する。

モーションが大きいので見切られやすく、よけられた場合、相手に背中を見せてしまうことになる。

使いこなせれば強力な技だが、リスクも高く、非常に難しい技であり、習得にかなりの時間がかかる。

そのため、あまり初心者向けの技ではないと言える。

ちなみに、この技の別名をバックスピンキックと言う。