ブロッキング

キックボクシングは攻めるばかりが能ではない。

やはり、ディフェンスもしっかりと練習しなければ、相手の攻撃を受けた際に大きなダメージを受けてしまう。

また、相手の攻撃をガードしたり避けたりしつつも、きちんと反撃ができるように攻防一体の意識を持つ必要がある。

まず、キックボクシングのディフェンスにおいて、最も基本的なガードとなるのがブロッキングだ。

ブロッキングとは、その名の通り相手の攻撃を両腕のガードでしっかりとブロックすることである。

その際には、きちんと脇を締めて顎を引き、グローブを自分のこめかみの部分にくっつけることが必要だ。




グローブをこめかみにくっつける理由としては、相手の攻撃を受けた際に、自分の拳と顔に距離があった場合、打たれた自分の拳がそのまま自分の顔にぶつかってしまうことがあるからである。

つまり、しっかりとグローブをこめかみにくっつけていないと、逆にダメージを受けてしまうこともあるのだ。

なお、上記のガードは正面からの攻撃に対するブロッキングとなるが、フックなどの横から来る攻撃に対しては、自分の腕をたたみ、腕枕のような形にすることでガードすることになる。

その際もしっかりと腕を頭にくっつけることによって、ダメージを緩和することができるであろう。

ブロッキングは非常に地味なディフェンスではあるが、最も活用することになるガードとなるため、決して練習を怠らないでもらいたい。