キャッチ

相手のキックをつかむことをキャッチと言い、ミドルキックを腕と脇腹で巻き込むように抱え込むことを指す。

このキャッチの状態を作ることによって試合展開を優位に運べることもある。

キャッチの際に、そのまま棒立ちで受けてしまうとダメージを受けることがあるため、必ずヒットポイントをずらすことが大事となる。

この場合、キックをキャッチする前に少しだけ横に移動しながら、背中を向けるような態勢を取る。

というのも、脇腹を蹴られるよりも背中を蹴られた方が痛くないからである。

キックをキャッチした後は、すかさず攻撃に転じることが大事となる。なぜなら、あまり長時間キャッチの体勢でいた場合は注意を受けることもあるからとなる。

ちなみに、実はキャッチはルール次第では反則となる。

これはK-1ルールのようなつかみそのものが反則となるルールの場合、相手のキックをキャッチすることも反則となるため、つかみなしの試合に出る際には注意しなければならない。