キックボクシングのコンビネーション

文章だけでは分かりづらいかもしれませんが、ここではキックボクシングのコンビネーションを紹介します。

パンチとキックの技の組み合わせで、連続して攻撃を出そう!

ワンツー

パンチの基本コンビネーション。まずはここから習得をする。

ジャブを打った後、左拳を引くと同時に右ストレートを打つ。

右ストレートを打った後、素早く元の構えに戻る。

ジャブ→右ミドルキック

パンチからキックに繋げるための、基本コンビネーション。

ジャブで相手の意識を上に向け、右ミドルキックを放つ。

ミドルキックを打つ際、左足を外側にアウトステップすることを忘れずに!

ワンツー→左ミドルキック

基本でありながら、非常に実戦的なコンビネーション。

ワンツーを打った後、右拳を引くと同時に、素早くスイッチをし、左ミドルキックに繋げる。

ジャブ→右ローキック

多くのキックボクサーが多用するコンビネーション。

ジャブを打った後、素早く右足を外側にアウトステップして、右ローキックに繋げる攻撃。

この攻撃のように、左上から右下へ、攻撃を対角線上に繋ぐと、最初の攻撃と次の攻撃の位置が遠く離れているため、非情に防御がしにくく、キックボクシングにおいて最も優秀なコンビネーションの一つである。

この左上から右下、右上から左下のようなコンビネーションを対角線コンビネーションという。



ワンツー→奥足への左ローキック

対角線コンビネーションの一つ。

ワンツーを打った後、右足を大きく前に踏み込み、相手の奥足へ左ローキックを放つコンビネーション。

対角線上の攻撃は防御しにくい上、奥足には力が入っていないことが多いため、当たったときのダメージも大きい。

だが、奥足へのローキックは難しいので、繰り返し練習が必要だ。

レバーブロー→右ハイキック

非常に高度な対角線コンビネーション。

レバーブローで相手の意識を下に向け、そのまま最小限の動きで右ハイキックに繋げるコンビネーション。

ボディを打たれた相手は、顔面のガードがおろそかになりがちなので、その隙を突く技である。

このコンビネーションを行なうには、柔軟な身体が必要なので、練習の前後にしっかりストレッチをして、柔軟な身体を作ろう。

その他のコンビネーションについて

その他にも、様々なコンビネーションが存在します。

練習を重ねることによって、色々な技を習得することによって攻撃のバリエーションが増えていきます。

しかし、コンビネーションを繰り出すには一つ一つの基本動作が一番大事です。

ですので、基本をおろそかにせず、練習に励んでもらいたいと思います。