カット

カットとは、相手のミドルキックやローキックを、自分の足を上げることで受けるディフェンスとなる。

足を上げるだけでも相手のキックをガードすることができるが、慣れてきたらしっかりと脛で受けるようにしてもらいたい。

最初は脛でキックを受けると激痛が走るかもしれないが、キックボクシングの練習を長く続けていれば脛が鍛えられて、カットがより上手にできるようになるだろう。

なお、相手の右のキックを受ける際には左足でカットし、左のキックを受ける際には右足でカットする。つまり相手と同じ側の足で受けることになる。

ちなみに、カットには非常に実戦的な受け方がある。それは、相手がキックを放った際に脛で受けずに膝で受けることである。

つまり、相手のキックを膝で迎え撃つという方法となるが、これは一種のカウンターとなり、キックを蹴った相手がダウンしてしまうほどのダメージを与えることもある非常にエグい技となる。

ただし、膝でキックを迎え撃つ方法は初心者の頃には上手に使いこなすことができないため、まずは脛で受けるところから始めると良い。

その際にはきちんとレガースを着用することで、より怪我のない練習をすることができるだろう。