ダッキング

ダッキングは相手の攻撃のパンチに対して、上体をかがめることによって攻撃を避けるためのディフェンスとなる。

上体をかがめる際には、膝を落とすことによって行うのであり、決して頭を下げるようにかがめてはならない。

もしも頭を下げて上体をかがめてしまった場合、自分の頭を相手に差し出すような危険な行為となり、膝蹴りを顔面にもらいやすくなる。

だからこそ、絶対に頭から下げないように注意する必要がある。

なお、このディフェンスはボクシングではよく使われるものだが、キックボクシングではあまり多用されない。

やはり、相手のパンチを避けたとしても、次にキックが飛んできた場合に対処しにくいからである。

ただし、相手との距離が非常に近く、パンチでの攻防が続いている場合には有効なディフェンスとなるため、上手に使いこなすことができれば非常に強力な武器となる。

つまり、近距離でこそ威力を発揮するディフェンスだが、注意しなければ膝蹴りを顔面に当てられやすいため、必ずガードを上げておくことが重要であることは言うまでもないだろう。