基本の構え方

パンチやキックを打ったり、相手の攻撃を避けるための基本的な構え方。

まず両足を肩幅くらいに開き、左足を前に出し、半身の姿勢になる。

両拳をこめかみの高さに上げ、脇を軽く締める。

左拳は少しだけ前へ出し、右拳は自分の顎とこめかみを守るように構える。

左足の爪先は正面を向け、右足は外側に向け、軽く踵を浮かせる。

膝を柔らかく使って、いつでも左足を上げることができるように構える。

顎を引き、視線が下を向かないよう、両目は上目づかいをするように前方を直視する。あらゆる攻撃に対応できるよう、前後の足の荷重バランスを5:5にしておく。

これが基本の構え方である。




キックボクシングの全ての動きが理想的に行えるスタイル。

言い換えれば、この基本の構えができなければ、強くなるどころか、基本の動作ができないうえに、相手の攻撃をガードすることができない。

つまり強くなろうと思ったら、構え方が一番重要と言っても過言ではない。

基本の構えとは、それほど重要なものであることを認識してもらいたい。

構え方はボクシングに似ているが、決定的に違う点がある。ガードの高さと、前足の向きである。

ボクシングの場合、顎の前に両拳を構える。そしてパンチを打ちやすいように前足の爪先を内側に向ける。

だが、キックボクシングの場合はハイキックがあるため、もう少し高くガードを上げないといけないのだ。

そして、前足を内側に向けると、相手がローキックを打って来た際、スムーズに左足を上げれないようになる。

それだけではなく、自分の弱点を晒してしまうことにより、ローキックの格好の餌食になってしまうので注意が必要だ。

初心者のうちは窮屈で上手に動くことができないかもしれないが、この構えを身体に覚えこませることによって、スムーズに攻防ができるようにすることが必要不可欠である。