縦肘打ち -最短距離で効果を発揮する攻撃-

縦肘打ちとは、腕枕をするような形で腕を縦に畳み、下から打ち上げるような肘打ちのことである。

まずはステップインを行い、相手との距離を詰めた上で、肘を縦に打ち上げる。その際には決して肘を外側に広げずに、コンパクトに肘を下から上に動作するのが大事である。

実際にやってみるとわかるが、非常にリーチが短い技であるため、かなり相手に近づかなければ、攻撃を当てることすらできない技だ。

つまり、キックボクシングにおいて最短距離で効果を発揮する攻撃であり、逆に言えば、近距離でなければ全く役に立たない攻撃でもある。

だからこそ、縦肘打ちは使いどころが難しい攻撃だ。




縦肘打ちは右でも左でも動作自体は同じだが、基本的には左腕で行うべきである。

理由としては、左腕の方が相手に近い分、隙が少なく当たりやすいからだ。

また、この攻撃はカウンターに向いている攻撃であり、相手の右フックに合わせてステップインし、そのまま左肘を畳むようにして下から打ち上げるという方法がある。

このカウンターは非常に高度なテクニックではあるものの、もしも決めることができればKOのチャンスもある技となる。

決して多用する技ではないが、このような技もあることがキックボクシングの面白さでもある。