左肘打ち -近距離において圧倒的な威力を誇る技-

左の肘打ちはより相手に近い距離から放つ攻撃ですある。そのため、右肘打ちほどの威力はないが、小さいモーションで攻撃することができるため、非常に隙の少ない技である。

欠点としては、距離が伸びにくいために、自分の左肘打ちが当たる距離まで踏み込まなければならないため、勇気が必要な技でもある。

まずはジャブを打つかのように、素早く、かつ隙の少ない動きで前方にステップインし、左肘を畳んだままコンパクトに振り上げる。

そのまま重心を前足となる左足に乗せ、左肘を打ち下ろす。その際に突き刺すように肘を伸ばすようにすると、さらに威力が高まる。

肘打ちは左も右もそうだが、打つ際の距離を間違えると、相手の攻撃を食らいやすいというデメリットがある。

そのため、中途半端な位置では決して肘打ちを使用してはならない。

近距離以外では絶対に攻撃が当たらないことや、パンチのように伸びることがないことを十分に理解することが必要だ。

このことを承知した上で、しっかりと前に足を踏み込み、瞬間的に肘打ちが当たる距離まで間合いを詰めることが非常に重要である。