左前蹴り -前に出る相手の出鼻をくじく蹴り-

左の前蹴りは、前に出ている足で蹴るため、右に比べて遠い距離にいる相手を蹴ることができる。

この技は、主に前に出てくる相手の動きを止めるのに使われることが多い。

上手く使いこなすことができれば、相手を寄せつけないように戦うことができるだろう。

まずは右足を左足に寄せる。その場で蹴ってもリーチが短いからだ。

右足を十分に寄せたら、左膝を高く上げる。遠くに届かせる意識を持ち、前方に蹴り込む。

そのとき、少しでもリーチを長くするため、上体を反らし、腰を前に出す。




同時に左手を前に出してガードをする。

蹴り終わったら、すぐに足を引き、元の構えに戻る。

この技は、主に前に出てくる相手の動きを止めるのに使われることが多い。

この左前蹴りは、蹴り技の中でも最も遠距離からの攻撃が可能な技である。

だが、近距離で出してしまうと、蹴りが当たる前に相手のパンチをもらう可能性が高い。

相手との距離を見極めて戦うことが重要だ。