左フック -最もKO率の高いパンチ-

カギ状に曲げた腕で、相手を引っ掛けるように打つパンチがフックである。

非情に強力だが、ストレートに比べると、とても射程の短いパンチだ。

打ち方は、まず上体を左に回転させ、身体全体でひねり(タメ)を作る。

その後、重心を右足に乗せ、左半身を前に出しながら、左腕を横から円を描くように回し、相手の顎やこめかみを打ち抜くように放つ。

そのとき、左足の踵を浮かせ、少し内股に閉じるように打つと威力が倍増する。

基本としては、肘の角度は90度に保つ。この角度が一番強力にフックを打てることを頭に置くのが大事だ。

ただし、多少威力は落ちるが、角度を広くすれば相手にパンチが当たりやすくなるため、状況によって使い分けるようにするとよい。

打ち始めに、顔と拳の間に空間が空くため、その隙を相手に攻撃されやすいので、大振りにならないように注意する。

反撃を受けないよう、コンパクトに打つことが大事である。