左膝蹴り -対オーソドックス戦で有効な膝蹴り-

この左膝蹴りは、オーソドックスの相手と戦う際には、右の膝蹴りよりも大きなダメージを与えることができる。

オーソドックスの相手に右膝蹴りを打つと、腰に当たることが多いのだが、左膝蹴りの場合は、正面から腹部を攻撃できるため、みぞおちに入りやすいのだ。

右膝蹴り同様、相手の様子を見て、不用意に前に出ないようにする。

左右の足をスイッチする。このとき、素早く行なうように心掛ける。

スイッチの勢いを殺さないよう、左膝を引き上げ、腰を前に出し、上体を反らす。




左膝を突き刺すように蹴る。

このとき、左手を前に出し、右手で顔面をガードする。

打ったあとは素早く元の構えに戻る。

攻撃の際、右膝蹴り同様、足首を伸ばすことにより、膝が鋭角になり、威力が高くなる。

膝蹴りは接近戦においては非常に強力な攻撃だが、通常の間合いから蹴っても相手に当てることは難しい。

遠い間合いから無理に膝蹴りを出そうとすると、相手のカウンターをもらってしまうので、十分に相手に近づいてから放つことが大事だ。