左ローキック -習得は難しいが効果も高いキック-

左足のローキックには、二種類の蹴り方がある。

相手の前足の内股を狙う、インローと呼ばれる蹴り方と、奥足を狙う蹴り方である。

まずはインローの蹴り方から。

インローの蹴り方は、まずは右足を素早く左足の後ろに引き寄せ、相手の足の内側を狙い、左足を素早く蹴り込む。

インローは素早さが命なので、他の蹴りと違い、弾くように蹴り、素早く元の構えに戻る。

インローは、前に入ってくる相手を止めるのに有効である。

また、非常に動作が小さいため、相手に攻撃を悟られにくい蹴り方である。




次に奥足へのローキック。

奥足を蹴る場合、右足を左足の前まで運び、素早く相手の側面に回り、横から薙ぎ払うように蹴り込む。

相手との距離が近いため、ガードを忘れないようにしないといけない。

奥足へのローキックは蹴るタイミングが難しく、実際に試合で使う人も少ない。

つまり、蹴れる者が少ないということは、奥足を蹴られ慣れていない選手がほとんどということである。

したがって、上手く奥足を蹴れるようになれば、効果的に相手にダメージを与えれるということである。

余談だが、この奥足へのローキックをメインの攻撃として指導しているジムも存在する。