左ミドルキック -ムエタイ選手が最も多用するキック-

左ミドルキックは、対オーソドックス戦では、右ミドル以上に役に立つ蹴り技である。

左ミドルキックを蹴る場合、そのまま前足で蹴ったのでは、威力は弱く、リーチも短い。

そのため、瞬時に構えを変え、右足を前にしてから左のミドルキックを放つこととなる。

この左右の足を入れ替え、構えを変えることをスイッチという。

スイッチは、左右の足を入れ替えることなのだが、この動作は瞬時に行わなければならない。

スイッチをする際、瞬間的にジャンプするような感じで、左足を少しだけ後ろに下げ、右足を斜め前に出す。

その際、左腕をガードのために顔面の前に出す。

右のミドルキックのときと同様、正面に入らないように注意する。

蹴り方は右と同様である。




外側に踏み込んだ右足は爪先立ちになり、重心を前を前に乗せる。

軸足となった右足をしっかりと伸ばし、左膝を高く上げる。

軸足の踵を内側に回し、回転の勢いをつけるために、左腕を振り、その反動を利用する。

腰をしっかりと回転させながら、左足を伸ばし、力強く蹴り込む。

その際、足は戻さずに、蹴り抜くことが大事だ。

蹴った足が、地面に下りたとき、身体が後ろを向いているため、素早く元の構えに戻る。

左ミドルキックは、オーソドックスに構えている相手に対し、腹部を狙いやすい。

よって、右よりも汎用性が高いといえる。

この左ミドルキックで強打が蹴れる場合、それだけで相手を近寄せずに試合を終わらせることも不可能ではない。

実際にタイ人が、そのような試合運びをすることもあるのだ。

左ミドルキックはスイッチをするため、特殊な蹴り方となり、とても習得が難しいのだが、右以上に実戦的なので、是非マスターしてもらいたい技である。