左ストレート -ジャブよりも威力のあるパンチ-

ジャブと左ストレートの一番の違いは、ジャブは牽制が目的のパンチであり、打つことよりも引くことを重視することに対し、左ストレートは相手を打ち抜く、ダメージを与えるための、相手を倒すパンチである。

左ストレートは後ろ足で地面を蹴るような感じで素早く前足に体重を乗せ、左の膝を少し内側に入れ、前方にシフトウェイトする。

そして、左肩を内側に入れ、真っ直ぐに目標を打ち抜くように、拳を突き出す。

ジャブと同様に、絶対に脇を開けないように注意する。

相手にジャブと見せかけて打つ攻撃が効果的である。

戦法としては、何度かジャブを見せておいて、少し遠い間合いで、相手にこちらのジャブが届かないと思わせておいて、ジャブと同じ軌道で左ストレートを打ち込むのが効果的である。