左アッパー -下から突き上げるパンチ-

ストレートが真っ直ぐ打つパンチ、フックが横から回すように打つパンチだったのに対し、アッパーは下から上に突き上げるパンチである。

フック同様、腕をカギ状に曲げて打つため、自然と近距離からの攻撃に用いられるパンチである。

左アッパーの打ち方は、左フックのときのように、上体を左に回転させ、全身でひねり(タメ)を作る。

膝を少し曲げ、下半身のタメも作る。

そして、拳を少し下ろし、上体を元に戻す力を利用して、下から上に突き上げるように打つ。

狙う場所は、相手のガードの隙間から見える顎である。

できるだけ小さなモーションで打つことが理想であるが、一瞬だが左のガードを下げるため、打つためには勇気が必要である。

しかし、この隙を最小限にし、小さなモーションで使いこなせるようになれば、非常に強力な武器となるパンチである。