レバーブロー -相手の呼吸や動きを止める効果があるパンチ-

人間の腹部の右上には肝臓がある。この肝臓(レバー)を打つパンチをレバーブローと言う。

レバーを打つと、相手の呼吸や動きを止める効果があり、相手の動きが止まったときは倒せるチャンスとなる。

また、レバーを打たれて倒されたときの苦しみは、まさに地獄の苦しみである。

まず、しっかりと踏み込み、同時に上体を左にひねりタメを作る。

ひねった身体が元に戻る力を利用して、そのまま左の拳を相手の脇腹に打ち込む。

ボディへの攻撃は、しっかりと踏み込まなければ、相手の急所には当たらない。

なので中途半端な攻撃だけは絶対にしないこと。中途半端なレバーブローは、相手の膝の餌食になりやすい。

相手の打ち終わりに、カウンターで合わせるのが効果的だが、それは上級者でもなかなか難しく、逆に返り討ちになることもある。

なので初心者のうちは、無理なことはせずに、相手がガードに専念しているときなど、こちらに反撃をしにくいタイミングで攻撃をしたほうがいいだろう。