キックボクシングとムエタイの違いとは?

ムエタイとはタイ発祥の格闘技であり、400年以上の歴史があると言われています。そのムエタイは打撃系最強と呼ばれており、昔は多くの空手家が挑戦し、敗退していたという現実があります。

そのため、打倒ムエタイを掲げて、1966年に野口修氏が生み出した格闘技が「キックボクシング」です。

つまり、あまり知られていないことですが、キックボクシングの発祥地は日本となります。

キックボクシングの基本はあまりムエタイと変わりませんが、ムエタイがキックと首相撲がメインで、あまりパンチに重点を置いていない戦い方に対して、キックボクシングはボクシングや空手のテクニックを柔軟に取り入れた格闘技です。

このことから、キックボクサーにはパンチが上手い選手も多いことが特徴です。

キックの蹴りあいになった場合には、キックメインの練習をしているタイ人の方が圧倒的に有利となるため、打倒ムエタイを目指すならばパンチの練習は必要不可欠となります。

ちなみに、キックボクシングとムエタイはルールそのものは同じですが、採点の方法が少々違います。

ムエタイの場合、パンチよりもキックや首相撲の方がポイントが高いため、あまりパンチメインの試合になることはありません。

そのため、ムエタイの試合は基本的に距離が遠い場合にはキックの蹴りあいとなり、距離が近くなった場合には首相撲という展開になることが大半です。

よくある試合展開としては、相手の腕に対してミドルキックを執拗に蹴るというパターンです。

これは、相手のガードを崩すことと、パンチの威力を削るために行っていることであり、また、ムエタイではこの攻撃は判定の際のポイントになります。

キックボクシングのリングの場合、ガードに対しての攻撃は判定の際のポイントになりにくく、キック一辺倒だと不利になりがちです。

基本的に、キックボクシングの場合はパンチもキックもポイントは同じなのですが、ガードに対しての攻撃はあまりポイントにみなされないことが多いのです。




また、攻撃がクリーンヒットした場合にはパンチの方がダメージがあるように見えることから、キックボクシングのリングの場合は、ややパンチの方が有利になることがあります。

ですので、キックボクシングにおいてパンチのテクニックは必要不可欠であり、パンチができない人がキックボクシングのリングで勝ち上がることは、相当キックのテクニックを磨かなければ極めて困難となるでしょう。

そして、キックボクサーがパンチを磨いていることが多い中、ムエタイの選手はキックと並行して首相撲の練習に同じくらいの時間を使っています。

これは、接近されたときに、ムエタイのリングではパンチよりも首相撲の方がポイントが高いからです。

だからこそ、タイ人に首相撲を挑んだ場合には、大抵の日本人は勝つことは困難となります。

それは、そもそもの首相撲の練習量が違うからです。

遠間からのミドルキックの連打を執拗に行い、近間になったら首相撲という流れはムエタイの必勝パターンとなりますので、これを崩すためにはパンチもキックも両方のテクニックをバランスよく磨く必要があります。

このことからも、当サイトで紹介しているテクニックを参考に、自身のスキルを磨いていただければ幸いです。