パーリング

相手のストレート系のパンチを手のひらで振り払うディフェンスがパーリングである。

パーリングを活用する場面は、距離がある程度離れている場合に、相手がパンチを打ってきたときのディフェンスとなる。

距離が近い間合いからの攻撃をされた場合はパーリングが間に合わないため、ブロッキングがメインのディフェンスとなるが、相手との距離が離れている場合にストレート系を打たれた場合には、このパーリングが役に立つ。

パーリングを上手に使い、相手の攻撃を払うことによって、こちらの攻撃に転じることができるのである。

パーリングのコツとしては、相手が左のパンチを打ってきた場合には右手で払い、右手で打ってきた場合には左手で払う。つまり、相手と同じ側の手で受けることになる。

受ける際には、軽く払うだけで相手のパンチは軌道が逸れるため、あまり強くはじく必要はない。

また、受けた後にはすぐに距離を取ったり、攻撃に転じたりすることが望ましい。つまり、防戦一方にならないことが大事である。