右前蹴り -相手のボディを突き刺す蹴り-

前蹴りは、正面から入ってくる相手に対し、有効な攻撃の一つである。

この右の前蹴りは、左の前蹴りに比べ、比較的近い間合いの相手に蹴りやすい攻撃となる。

しかし、あまり相手が近すぎると、カウンターをもらいやすくなるため、注意しなければならない。

まず、重心を左足に乗せ、右の膝を高く引き上げる。

そのまま、引き上げた右足を、前方へとしっかりと伸ばす。

狙うのは相手のみぞおちである。




蹴るときに、少しだけ上体を後ろに反らす。上体を反らすことにより、腰が前に出て、より遠くに蹴れるようになる。

このとき、右手を前に伸ばし、ガードをする。

蹴り終わった後は、素早く右足を引く。不発に終わった場合、キャッチされる可能性が高いからだ。

また、効かなかった場合のことも考えなければならない。素早く足を戻し、元の構えに戻る。

基本的にはみぞおちを蹴るのだが、もし関節が柔軟なら、相手の顎を目がけて蹴ってもいい。

ただし、モーションが大きくなるので、反撃を受けないよう注意が必用だ。