右ハイキック -モーションの大きい攻撃だが威力は抜群-

ハイキックは、蹴りが相手の頭部に当てれば相手を一撃で倒すこともできるのだが、予備動作やモーションが大きいため、当てることはなかなか難しい。

少しでもモーションを小さくするためには反復練習が必要だ。

まず、左足を斜め前(外側)に踏み込む。

そして右手を顔面の前に持ってくることでガードを固め、左手のガードは下ろさないようにする。

このとき、ミドルキックやローキック同様、絶対に正面に踏み込まないこと。

外側に踏み込んだ左足は爪先立ちになり、重心を前を前に乗せる。

軸足となった左足をしっかりと伸ばし、右膝を高く上げる。

このとき、ミドルキック以上に膝を高く上げなければ、高いハイキックは蹴れないと思った方がいい。




軸足の踵を内側に回す。

回転の勢いをつけるために、右腕を振り、その反動を利用する。

腰をしっかりと回転させながら、右足を伸ばし、跳ね上げるように相手の頭部を狙って蹴り込む。

その際、足は戻さずに、蹴り抜くことが大事だ。

蹴った足が、地面に下りたとき、身体が後ろを向いているため、素早く元の構えに戻る。

顎に当てることができれば、一撃で相手をKOすることも夢ではないだろう。

だが、単発でいきなり蹴っても、モーションが大きいため、当たらないことが多い。

他の攻撃で顔面への意識をそらし、ガードを下げてからコンビネーションで蹴るようにするとよい。

また、非常に難しいが、相手の頭頂部をかすめるように蹴ると、脳が揺れ、膝から崩れ落ちるように倒れることもある。だが、これはかなりの技量が必要である。

ちなみに、この蹴り方はミルコ・クロコップが得意としていた。(ミルコ・クロコップの場合は左ハイキック)