右フック -非常に強力だが隙も大きいパンチ-

右フックは、相手からの距離が遠く、またモーションが大きいため、その動きを読みやすく、なかなか当たりにくい。

また、打ったあともバランスを崩しやすく、隙が大きいために、打ち終わりに反撃を食らいやすい、非常に難しいパンチである。

その反面、当たったときの威力は凄まじく、使いこなせれば強力な攻撃となる。

打ち方は下半身の動作は右ストレートと同様に、一歩前に踏み込み、前足に体重を乗せ、前足の壁を作る。

そして、奥足の爪先を軸に、踵を外側に回転させ、しっかりと腰を回し、右の肩を前に出す。

そして右腕を伸ばす際、右の肘を横に上げるようにすると、拳が弧を描くように回転する。

これが右フックの打ち方である。

打ち終わりには、隙が大きいので、素早く元の構えに戻すことも大事だ。

注意点は、やはりモーションが大きいので、大振りにならないよう、コンパクトに打つように心掛けることだろう。

決して振り回すようには打たないこと。

また、反撃を受けやすいので、左腕のガードは命綱となる。絶対にガードを下ろさないようにしなければならない。