右膝蹴り -接近戦で効果を発揮する攻撃-

キックボクシングにおいて、至近距離で威力を発揮する技が、この膝蹴りである。

相手と密着した状態において、抜群の破壊力を誇る技である。

まず、相手の状態をよく見る。不用意に前に出ると、カウンターをもらってしまうからだ。

左足を一歩前に出す。右膝を引き上げ、腰を前に出し、少しだけ上体を反らす。

右膝を前方に、突き刺すように出す。このとき、ガードのために、右手を前に出し、左手で顔面を守る。攻撃の後は、素早く元の構えに戻る。

このとき、蹴り足の足首を伸ばしておくと、膝が鋭角になる。これによって、より威力の高い攻撃が可能となる。

攻撃する場所は、相手のみぞおちである。もし、相手の頭が低い場合は、顔面を狙って打つのが有効だ。

しかし、アマチュアの試合の場合、顔面の膝が反則になる場合が多いので、試合に出る際はルールをよく確認することが大事だ。