右ローキック -徐々にダメージを与える攻撃 最も多用するであろうキック-

右のローキックは、非常に優秀な蹴り技であり、多くのキックボクサーが主力としている攻撃である。

パンチとの組み合わせが有効であり、パンチで上段を攻め、相手の意識を上に向けてからのローキックは、ガードすることが難しく、ダメージも大きい。

まず、左足を斜め前(外側)に踏み込む。

だが、ミドルキックやハイキックと違い、最初から左足をひねった状態で踏み込み、しっかりと地面に踵をつける。

右腕のガードを顔の前に持ってくることも忘れないようにする。

踏み込みの勢いを殺さないように、右腕を外側に振り、上半身を回しながら、右足の脛を相手の太ももに目がけ、叩きつけるように蹴る。

蹴りを引くことを考えてはいけない。振りぬくように蹴ることで、強い蹴りが打てるのだ。




ローキックを蹴る際、最も強力な蹴り方は、蹴り足を上から下に落とす方法である。

しかし、落とすローキックの場合、近づかなければいけないため、どうしても相手との距離が近くなり、パンチをもらいやすくなってしまう。

落とすローキックを蹴る場合は、相手に十分にダメージを与えた上で、単発にならないように蹴ることが大事だ。

反撃をしてくる相手に、決して不用意に近づいてはならないのだ。

やはり相手に攻撃を当てさせないのが大事なので、基本的には最も遠くから打てるよう、水平に蹴ることになる。

左のパンチからの右ローキックは、対角線コンビネーションとなり、非常に強力な攻撃だ。

この攻撃がしっかりとできれば、試合を有利に進めることが出来るのは間違いない。

キックボクシングにおいて、絶対に覚えなければならない基本の中の基本と言ってもいいだろう。