右ミドルキック -キックボクシングにおいて全ての蹴り技の基本-

キックボクシングやムエタイ、または空手においても、全ての基本といえる蹴り技が、この右のミドルキックといえる。

蹴り技とは運動力学的に、かなり複雑な運動をするため、その性質上、非常に習得が難しい。

しかし、時間はかかるが、このミドルキックを習得することができたのならば、他の蹴り技を覚えるのは時間の問題だろう。

それほどまでに、ミドルキックは重要なのである。

まずは左足を斜め前(外側)に踏み込む。

そして右手を顔面の前に持ってくることでガードを固め、左手のガードは下ろさないようにする。

このときに注意してほしいのは、絶対に正面に踏み込まないこと。

なぜなら、正面に踏み込むと、相手のカウンターをまともに食らう可能性があるからだ。




片足になった瞬間にパンチをもらったら、ダウンしてしまうこともあるので要注意だ。

外側に踏み込んだ左足は爪先立ちになり、重心を前を前に乗せる。

軸足となった左足をしっかりと伸ばし、右膝を高く上げる。

軸足の踵を内側に回す。

回転の勢いをつけるために、右腕を振り、その反動を利用する。

腰をしっかりと回転させながら、右足を伸ばし、力強く蹴り込む。その際、足は戻さずに、蹴り抜くことが大事だ。

蹴った足が、地面に下りたとき、身体が後ろを向いているため、素早く元の構えに戻る。

これが右のミドルキックの蹴り方である。

当てる場所は脛である。

相手との距離が遠い場合は足の甲で蹴ることもあるが、基本的には脛で蹴るようにする。

ただし、始めたばかりのときには、自分の脛も痛いため、サンドバッグやミットを蹴ることで、脛を鍛える必要がある。

大きく横から回して蹴ると、動きが見切られやすい。コンパクトに蹴るために、横からではなく、斜め前から当てるようなイメージで蹴るとよい。

尚、右のミドルキックは、オーソドックスの相手と戦うときよりも、サウスポーと戦う際に、その真価を発揮する技である。