右ストレート -相手を倒すための強力なパンチ-

右ストレートは、数々のパンチの中でも、最も破壊力を持ち、最も遠くまで届く、威力のある強力なパンチである。

だが、強力ではあるが、ジャブや左ストレートに比べると、モーションが大きくて、単発では相手に当たりにくい。

左のパンチとコンビネーションで打つのが理想的である。

打ち方としては、一歩前に踏み込み、前足に体重を乗せ、前足の壁を作る。

そして、奥足の爪先を軸に、踵を外側に回転させ、しっかりと腰を回し、右の肩を前に出し、最後に腕を伸ばして拳を当てる。

その際、絶対に腕から振らないこと。

腕を伸ばすのは、必ず腰を入れて、肩を出してからでなくてはならない。

なぜなら、先に腕を伸ばしてしまうと、腕の力でストレートを打ってしまうからだ。

いわゆる手打ちである。




慣れないうちは、腕の力で打ってしまいがちだが、全身の力を使って打つためには、腰が回りきるまで腕を伸ばすのを我慢して、腰が回りきったのと同時に腕を伸さなければならない。

腰の入ったストレートと、入ってないストレートの威力は雲泥の差だ。

右ストレートを打つ際は、ジャブや左ストレートと同様に、脇を開けないこと。

脇を開けると、拳に全身の力が乗りにくくなり、手打ちになってしまうことが多いので、注意が必要だ。

そして、右手は必ずガードを下げないようにしなくてはならない。

右ストレートは威力の大きい反面、モーションの大きさから、カウンターを取られやすいので、必ずガードを下げないように気を付けること。

また、打ち終わったら、必ず元の構えに素早く戻ることが必要だ。