スリッピング

スリッピングとは、相手のパンチに対して、自分の顔や上体を横に反らして攻撃を回避するディフェンスである。

その際にはあまり大きな動きで行ってはならない。スリッピングを行う際には最小限の動きでかわさなければ、次の攻撃を当てられる可能性があるからだ。

また、スリッピングの際には必ずガードを上げておかなければならない。

というのも、わざとパンチを避けさせて、相手が横に避けたところにキックを放つという戦法の餌食になるかもしれないからである。

なお、相手のパンチに合わせてスリッピングをしながら前方に距離を詰める「ヘッドスリップ」という方法もある。

このヘッドスリップはボクシングにおいてはかなり有効なテクニックとなるが、キックボクシングのリングでは有効ではあるものの多用するのは非常に危険となる。

なぜなら、何度もヘッドスリップをするところを相手に覚えられてしまった場合、そのヘッドスリップに対して膝蹴りをカウンターで受ける可能性があるからだ。




だからこそ、決してヘッドスリップを多用せずに、ここぞというときに使うことが重要となるだろう。

ともあれ、ダッキングやスリッピングはパンチを回避することに優れたディフェンスではあるが、キックを回避することには向いていないため、使いどころを間違えてはならない。

このことを念頭に置いた上で、上手に活用したいディフェンスである。

ちなみに、スリッピングアウェーという、相手のパンチを受ける瞬間に、自分の首をひねることにより威力を緩和するようなテクニックもあるが、これはあくまでも緊急回避となるディフェンステクニックであり、超高等テクニックとなる。

そのため、スリッピングアウェーを狙って行うことは絶対にやってはならない。

あくまでも、どうしても回避が間に合わない場合に、超一流選手が行うためのディフェンステクニックである。