スウェー

スウェーとは、上体を後方へ反らすことによって、相手の攻撃を避けるディフェンスのことである。

基本的に、キックボクシングのディフェンスはダッキングやスリッピングなどのボクシング的なディフェンスよりも、スウェーやバックステップなどを活用することが多い。

これはスウェーの方が優れているとか、そういう次元の低い話ではなく、競技の性質上、キックボクシングは蹴りを避けなければならないため、このような後方へのディフェンスがよく使われる。

ようは、スウェーはパンチを避ける際に使用するが、キックを避ける場合にも使うことができるディフェンスとなるため、汎用性が高いのである。

逆に言えば、ボクシングの場合は距離が近くてパンチだけに限定されるため、スウェーよりもダッキングやスリッピングなどのディフェンスの方が適している。

これは、相手のパンチを避けてから即反撃につなげることができるからだ。




なお、スウェーの方法だが、上体を後ろに反らす際に後ろ足に重心を乗せる。その際には絶対に顎を上げないように注意することが大事である。

また、右手はしっかりとガードを上げつつ、左手は下げることになる。

この左手を下げる理由だが、左手が上がっている場合、相手から近い距離に自分の腕が残っているため、ミドルキックやハイキックが腕に当てられることがあるからだ。

それを防ぐために、左手を下げる。

だが、左側は全くガードをしないのではなく、左の顎を自分の左肩で守ることが大事である。

なお、しっかりと相手との距離を見計らないと、パンチやキックが避けきれないため、スウェーの間合いがどれくらいなのかを日々の練習からチェックすることが大事となる。