戦術 -状況別の戦術を知る-

ここでは、基本的なオーソドックスの相手とサウスポーの相手との戦い方の例を紹介する。

しかし、ここに記すのは、あくまで一例であるので、参考程度に留めてもらいたい。

なぜなら、人には向き・不向きがあり、この戦法が正しいとは言い切れないからだ。

自分自身が本当に信用できる戦い方は、自分の血や汗を流して手に入れた経験によって得られるのである。

対オーソドックス戦

オーソドックスと戦う場合、やはり基本の攻撃は上下の打ちわけになる。

パンチが当たれば、自然と相手の意識は上に向くので、ローキックが入りやすくなり、ローキックを当て続ければ、顔面のガードが下がり、パンチが当たる。

有効な戦い方は、ジャブや左ストレートから右ローキックへの対角線コンビネーションをメインにし、相手のガードが下がったときに、パンチのコンビネーションやハイキックを打つことになる。

この戦法は、多くのキックボクサーが実践し、結果を残している。

ミドルキックは左をメインにするといい。

右のミドルキックは、上手く脇腹に当たればいいのだが、半身に構えた相手に対しては、背中に当たりやすく、またキャッチされやすい。

左のミドルキックなら相手の正面に蹴れるため、腹部に攻撃をしやすい。

左ミドルキックを相手の右の上腕部に当て続ける戦法も有効だ。

何度も上腕部に蹴りを当て続けることにより、相手のガードを下げる効果がある。

ガードが下がれば、こちらの攻撃が入りやすくなり、有利な状況を作れるのだ。



対サウスポー戦

サウスポーと戦うときには、常に相手の外側に回り、右の攻撃をメインに戦うといい。

相手の外側に回ることによって、相手から見て、正面に攻撃対象がいない状況を作ることができるのだ。

これにより、被弾を少なくすることができ、また、こちらは常に攻撃を出し続けることができる。

攻撃は右のミドルキックをメインにするといいだろう。

相手の外側に回って、右のミドルを蹴る。

そして、蹴り終わったら素早く足を戻し、再び相手の外側に回る。

上手くいけば、相手の攻撃を、ほとんど受けずに勝利することができるのだ。

逆に、左のミドルキックは、あまり蹴らない方がいいだろう。

相手の外側にいる状態からは、左のミドルキックは背中に当たってしまうのだ。

ダメージはあまり期待できないうえに、蹴り足をキャッチされやすく危険である。