夏休み

2022年今年の夏休みは何する?子供と楽しく過ごすアイデア!

2022年4月8日

夏休みは何する

2022年今年の夏休みは何する?子供と楽しく過ごすアイデア!

2022年、今年の夏休みはどうなるのでしょうか?

近年はコロナ禍で外出がなかなかできなかったりして、いつも通り、子供と色々なところに行くということができないでいます。

そうこう言っているうちにあっという間に夏休み、一体何すると楽しく過ごせるのでしょう?

あい
そこで、今年の夏休みに何するか、少しでも楽しくなるアイデアをご紹介します。

2022年の夏休みは何する?自宅で遊ぶ?外出する?

夏休みは何する

子供が一年で一番楽しみにしていると言っても過言ではない夏休み、何するか決まっていますか?

夏休みといえば親御さんの実家がある田舎に帰省したり、旅行に行ったりと計画を立てることも多くありましたが、近年はコロナ化により遠出を規制されたり、自宅待機を推奨されていることもあり、出かけられていないというご家庭も多いはずです。

今年もいまだにどうなるかわからない夏休み、何するか決まっていないという人も多いでしょう。

特に、自宅で過ごすことが推奨された場合、何するかわからない、でもせっかくの夏休みなので子供に楽しい思い出を作ってあげたいという方もいます。

確かに自宅で過ごすとなると、いつもの休日と同じになりがちですが、夏休みは40日間も休みがあり、普段通りの過ごし方では子供もそんな休日に飽き飽きしてしまいます。

すると、ダラダラとした生活になってしまいがち。

そうならないためにも、夏休み、何するか楽しみに過ごせる方法が必要です。

あい
そこで、夏休みに何するか、子供と楽しめるアイデアをご紹介します。

夏休みを子供と楽しく過ごすアイデア!

夏休みを楽しく過ごす

では、子供と夏休み何するか、楽しめるアイデアをいくつかご紹介します。

料理作り

まずは料理作りです。

いつもは遊びやテレビなどに夢中で、料理を全く手伝わないという子もいるでしょう。

そこで、時間がたっぷりある夏休み、一緒に料理してみるのはいかがでしょうか。

普段の料理を手伝うのも良いですが、家族みんなで楽しめるようにホットプレートなどを使った料理がおすすめです。

お昼ご飯なら焼きそばやチャーハン、お好み焼きなど簡単に作れるものにすると良いでしょう。

お子さんが何するかというと、野菜を切ったり、炒めたり、ホットプレートだと鉄板が大きいので溢れる心配はあまり要りませんし、多少こぼれたとしても大丈夫です。

お母さんやお父さんも様子を見られるので怪我をする心配もあまりありません。

お好み焼きの場合は親御さんがお手本を見せてから、お子さんにひっくり返すのをやらせたりすると、楽しく参加できます。

また、おやつの時間に一緒にお菓子やおやつを作るのもおすすめです。

ホットプレートでホットケーキを作ったり、たこ焼き器を使って焼きミニドーナツを作ったり、ミニアメリカンドッグを作れます。

基本は生地を流し込んで、ひっくり返したり丸めるだけなのでお子さんも楽しめます。

クリームやチョコソースなどで自由にトッピングさせるのも良いでしょう。

自分オリジナルのスイーツが作れて子供も盛り上がります。

映画鑑賞

また、子供と大人で一緒に楽しむなら映画鑑賞もおすすめです。

映画というと、映画館と思うかもしれませんが、今は有料の動画サービスがあり、自宅にいながら色々な映画を楽しめます。

子供が好きなアニメ映画はもちろん、子供が興味を持ちそうな動物のドキュメンタリーやアクション映画など、家族の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

手元にジュースやお菓子をあらかじめ用意して、カーテンなどを閉めておけば、映画館さながらの気分を楽しめます。

キャンプをする

夏休みの定番イベントといえばキャンプです。

海や山のキャンプ場でテントを張って過ごすと、それだけで普段とは違う気分を満喫できます。

では、お子さんは何するかというと、テント張りから料理まで色々なことを一緒にすると良いでしょう。

川や海が近くにあれば日中は水遊びを楽しんで、夜は花火などをすると夏休み気分を満喫できます。

コロナ禍ではあっても、テント自体は他のテントと離れていますし、人が集中しそうなエリアさえ注意すれば、ある程度は大丈夫でしょう。

家に閉じこもってばかりいるより、たまには外に出た方がリフレッシュできます。

ただ、コロナが長期間続いているようなら、なるべく混まないキャンプ場を、そしてなるべく込まない時期に行くことがおすすめです。

自宅キャンプをする

まだまだ外出は難しい、キャンプ初心者で何するかわからないという方にはお手軽な自宅キャンプがおすすめです。

ベランダや庭にキャンプを張るだけでも本格的なキャンプ気分を楽しめます。

しかも、夜はそのテント内で寝れば、お子さんも外泊したような気分になれます。

ベランダや庭があまり広くないという場合は、部屋の中にテントを張るのもOKです。

昼食や夕食はバーベキュー風にすればますますキャンプ気分を楽しめます。

テント張りから料理作りももちろん、お子さんに手伝ってもらうと良いでしょう。

いつもと違う雰囲気にお子さんも楽しめるはずです。

普段とは違う経験をしてみる

他にも普段とは違う経験をしてみるのもおすすめです。

何するかというと、アウトドアを楽しむならトレッキングやツリーアスレチック、屋内ならプラネタリウム鑑賞や工場見学などがあります。

屋外施設の場合は、予約制で人数制限していたりして人が混み合うこともないので、安心して参加できます。

子供がやりたいことを考慮した上で、何するか決めると良いでしょう。

このように、アウトドアはもちろん、外出しなくても自宅で楽しめる方法はたくさんあります。

ただ、夢中になっていると時間を忘れて過ごしてしまう場合があります。

屋外でも屋内でも水分補給をしっかりとし、熱中症にならないように注意しましょう。

あい
上記のように、夏休みに何するかはコロナの状況やお子さんが好きなことを考慮した上で決めると良いでしょう。

2022年今年の夏休みは何をする?まとめ

今年の夏休みはまだまだどうなるかわかりませんが、自宅でも楽しめることは色々あります。

何するか悩んだ際は上記のような遊びを試してみてはいかがでしょう。

もちろん、せっかくの夏休みなのでお子さんがやりたいと思うことをなるべくさせてあげましょう。




  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-夏休み
-