キャンプ

女子のソロキャンプ!危険のないように万全の準備で楽しもう!

女性のソロキャンプ

女子のソロキャンプ!危険のないように万全の準備で楽しもう!

最近は男女関係なく、キャンプに興味を持つ方が多く、ソロキャンパーも増えています。

女子のソロキャンプも増えてきてはいるのですが、女性1人となると危険性が高まるのも事実です。

あい
そこで、女子のソロキャンプを楽しめるように万全の準備の仕方をご紹介します。

女子のソロキャンプに潜む危険性

女子のソロキャンプの危険性

まず、安全に女子のソロキャンプを楽しむために、女子が遭うかもしれないキャンプの危険をご紹介します。

近隣の人とのトラブル

まず、女子のソロキャンプでありがちなのが近隣の人とのトラブルです。

近隣キャンパーの中には、女子が1人でキャンプをしていると気軽に声をかけてくる人がいます。

困っている時などに親切心から声をかけてくれる分にはいいのですが、変な下心を持って声をかけてくる方もいて、しつこい場合はそのまま居座ってしまい、夜になっても自分のテントに帰ってくれないという危険性があります。

そして、最悪の場合、寝ている間にこっそりテントに入ってきて、朝になったら隣にいたなんて恐ろしい危険性もあります。

女子のソロキャンプだとわかると、甘く見られがちなので、このような危険が伴ってしまうようです。

盗難

そしてキャンプ場といえば盗難の危険もあります。

キャンプではお風呂や料理などテントから離れることも多く、防犯意識が低いと貴重品が盗難されてしまう場合があります。

特にソロキャンプ初心者の場合、テント設営や料理に意識が行きすぎて、防犯が疎かになりがちなので、女子のソロキャンプをするからにはしっかりとした防犯意識を心構えた上でいかなければいけません。

あい
このように女子のソロキャンプには危険が伴う可能性があるようです。

女子のソロキャンプを楽しむには?

女子のソロキャンプを楽しむ

しかし、女子だってしっかりと防犯意識を持って臨めばソロキャンプを楽しめます。

ではどうすれば危険な目に遭わずに楽しめるのでしょうか?

女子のソロキャンプを安全に楽しめる方法をご紹介します。

キャンプ場の選び方

まず、1番重要なのはキャンプ場の選び方です。

ソロキャンプを楽しもうとする方の多くは人があまりいない静かな場所や自然に囲まれた場所を選ぼうとしがちです。

確かに自然林に囲まれた立地は自然と一体になれるようで、リフレッシュにはピッタリです。

ただ、自然の中過ぎて電波が届かなければ、万が一、危険な目に遭ったときにどこにも助けを呼べません。

そのため、しっかりと電波が届くキャンプ場を選ぶことをおすすめします。

また、無料や低価格で利用できるようなマイナーなキャンプ場より、ちょっと高くても管理人が常駐しているようなキャンプ場がおすすめです。

というのも、マイナーなキャンプ場や管理人がいないキャンプ場では夜間トラブルが起きやすく、万が一、何か危険が遭った時にすぐに助けを呼べません。

しかし、管理人がいつもいるなら、それだけで夜間トラブル防止にもなりますし、もしもの場合はすぐに助けを求められます。

そしてファミリー層に人気のキャンプ場もおすすめです。

そうなると、自然と人が多くなってしまいますが、人が多いということは他の人の目もあるので、トラブルも減ります。

このようにキャンプ場ひとつとっても女子のソロキャンプでは選び方が重要です。

サイトの選び方

そしてキャンプ場の次にサイトの選び方も重要です。

サイトには区画が決まっているサイトや、好きな場所にテントを立てられるフリーサイトがありますが、女子のソロキャンプにおすすめなのはしっかりと区画が決まっているサイトです。

フリーサイトでは自分好みの立地に立てられますが、それは他の人も同じで、知らない人が勝手に近くにテントを立ててしまう場合もあります。

そのまま話しかけてきて、居座られたら危険ですよね。

そのため、安易にテント近くに入って来られないように決まったサイトを選ぶようにした方が安全です。

さらに管理人がいるスポットに近いサイトを選ぶと安全性も高まります。

あまり親しくなりすぎないこと

そして女子のソロキャンプでは振る舞い方も重要です。

「キャンプの楽しみといえば、キャンプ場で初めて会った方とも気軽に話して仲良くなること」という人もいますが、女子のソロキャンプの場合、変に親しくなりすぎると勘違いしてくる場合もあります。

そのため、なるべく親しくなりすぎないこと、そして、こちらがソロキャンプだとバレないようにした方がいいでしょう。

カモフラージュするためにテント前に大きめの靴を数足並べておくのもひとつの方法です。

SNSでむやみに投稿しないこと

最近はSNSでオシャレにキャンプを楽しんでいることを投稿とするキャンパーもいますが、女子のソロキャンプの場合、リアルに投稿しないようにした方がいいでしょう。

「今ソロキャンプをここで楽しんでいます」なんて投稿すると、「今、ここであの子は1人なんだ」というのがすぐにバレてしまいます。

そのため、投稿するならキャンプが終わった後にまとめて投稿した方がいいでしょう。

鍵や防犯グッズを利用

そして女子のソロキャンプに必須の道具が防犯アイテムです。

色々なアイテムがありますが、中でもおすすめがテントの内側からロックできる南京錠やダイヤル式ロックです。

鍵がかかっているだけで、不用意に入ってこようとする侵入者の危険を防げます。

また、テントから離れる際もロックをしておけば盗難も防げますし、夜間、寝る時も安心して眠れます。

あい
このように女子のソロキャンプでは危険を避けるために、キャンプ場やサイト選びに中したり、防犯グッズなどが必要になりますが、それさえ守れば安全に楽しくできるようですね。

女子のソロキャンプ!危険のないように万全の準備で楽しもう!まとめ

最近はキャンプブームで女子のソロキャンプも増えています。

ソロキャンプは自分のペースでゆっくり楽しめるのですが、女子の場合は危険が伴いやすいので、あらかじめキャンプ場選びなどに注意が必要です。

ですが、安全を考慮し、心構えをしっかりとすれば女子のソロキャンプでも楽しく行えます。

もし、ソロキャンプを行う場合は、事前にしっかりと調べて用意した上で、安全性に考慮し、楽しむようにしてください。




関連記事
電気毛布
秋冬キャンプには電気毛布がおすすめ!底冷え知らずでぐっすり眠ろう!

秋冬キャンプには電気毛布がおすすめ!底冷え知らずでぐっすり眠ろう! 最近キャンプが人気で、特に春夏は初心者でも挑戦しやすいシーズンで混みあいます。 だからこそ秋冬キャンプを楽しもうとする人もいますが、 ...

続きを見る


キャンプでお風呂はどうする
キャンプ中のお風呂はどうする?入る?入らない?

キャンプ中のお風呂はどうする?入る?入らない? キャンプは自然の中で過ごすことでリフレッシュできる人気アウトドアです。 小さな子供から幅広い年齢層の方が楽しめるアウトドアですが、気になるのはお風呂をど ...

続きを見る


キャンプファイヤーの歌
キャンプファイヤーの時におすすめの歌とは?

キャンプファイヤーの時におすすめの歌とは? 学校行事でキャンプに行くこともありますが、そんな時の一番の楽しみといえばキャンプファイヤーです。 大きなキャンプファイヤーを囲むことなんて普段ではなかなかな ...

続きを見る


キャンプでの見栄の張り合い
おしゃれキャンプは見栄の張り合い?それとも楽しんでる?

おしゃれキャンプは見栄の張り合い?それとも楽しんでる? 最近はコロナ禍ということもあり、外で楽しめるキャンプが人気です。 家族でワイワイ楽しむ人もいれば、友人同士で楽しむ人、ソロキャンプを楽しむ人がい ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-キャンプ
-