ハロウィン

ハロウィンの伝統のお菓子は?

2022年6月4日

ハロウィンのお菓子

ハロウィンの伝統のお菓子は?

ハロウィンといえば子供から大人まで仮装をして盛り上がれるイベントですよね。

そんなハロウィンですが、実は歴史ある伝統行事です。

そんな行事だからこそ、伝統の食べ物やお菓子があるはずです。

日本でのハロウィンのお菓子といえば、カボチャをつかったお菓子やカボチャ型のお菓子が定番ですが、本場の伝統のお菓子といえばどんなものがあるのでしょう。

あい
ハロウィンの伝統のお菓子についてみてみました。

ハロウィンの発祥は?

ハロウィンの発祥

まず、ハロウィンの伝統のお菓子を調べるにあたって、ハロウィンの発祥はどこなのかというとアイルランドです。

アメリカだと思っている人も多くいると思いますが、実は始まりはアイルランドの古代ケルト人によるお祭りでした。

2000年以上も歴史があるお祭りで、感謝祭と悪霊祓いの意味が込められていたそうです。

なぜ、10月31日という日なのかというと、古代ケルト人にとって10月31日とは1年の終わりの日で、11月1日から新年と考えられていました。

日本でいう、大晦日・新年というところですね。

そして、そんな特別な日だけは死者の世界への扉が開き、死者の魂が蘇ると考えられていました。

亡くなった人の魂が家に帰ってくるため、ご馳走を用意してもてなすのが習わしになっていました。

そして、この日に死者の世界から出てくるのは亡くなった人間の魂だけではありませんでした。

魔女や悪霊といったものも、普通の魂と一緒に蘇ってしまい、その悪霊にあの世に連れていかれないために仮装をするようになったと言われています。

そんな伝統行事であるハロウィンには、仮装以外にも伝統的なイベントがあります。

それは「トリックオアトリート」といって、子供が家々を訪ねてお菓子をもらうことです。

「トリックオアトリート」とは「お菓子をくれないと悪戯しちゃうぞ」という意味で、子供たちが悪魔の真似をするために始まった習わしです。

そして各家庭ではそんな子供たちにあげるために、お菓子を用意したのですが、伝統的なお菓子というのはあるのでしょうか?

例えば日本の伝統行事である子供の日では柏餅、クリスマスではクリスマスケーキがありますが、ハロウィンの伝統的なお菓子はというと何があるのでしょう。

日本人的なイメージであげると、ジャックオーランタンが有名なので、カボチャを使ったお菓子がありそうですが、本場のアイルランドではカボチャを食べないそうです。

あい
では、ハロウィンの伝統的なお菓子にどういうものがあるのかご紹介します。

ハロウィンの伝統のお菓子は?

ハロウィンの伝統のお菓子

ハロウィンの伝統的なお菓子ですが、本場アイルランドの伝統的なお菓子と、アメリカでのハロウィンの伝統的なお菓子についてご紹介します。

というのも、アイルランドはハロウィンの発祥の地ですし、実はアメリカのハロウィンもアイルランドから伝わったものです。

アイルランドからアメリカに移住した人々によって伝わったのですが、アイルランドとは気候や作物が違ったため、伝統的な食べ物やお菓子が異なります。

そのため、アイルランドとアメリカ、両者のお菓子をご紹介します。

アイルランドの伝統のお菓子

まず、アイルランドのハロウィンのお菓子の定番が「バームブラック」という甘いパンです。

紅茶に浸したレーズンとドライプルーツをたっぷりと入れたスイーツパンなのですが、ただのパンではありません。

日本でいうおみくじや運勢占いができるパンなのです。

パンの中には指輪や硬貨、布の切れ端やボタンを入れます。

そして食べる直前に指輪が入っていた人は「結婚できる」、硬貨が入っていた人は「お金持ちになれる」、布が入っていた人は「貧乏になる」、ボタンが入っていた男の人は「結婚できない」といった意味になります。

こんなゲームみたいなことができるため、ハロウィンで盛り上がるお菓子となっているそうです。

ちなみにハロウィンシーズンになると店頭にも並び、アフタヌーンティーのお菓子としても人気だそうです。

確かに紅茶に合いそうな感じがしますもんね。

シナモンやナツメグなどスパイシーなものもあるようなので、ワインにも合うかもしれませんね。

でも、ハロウィンは新年のようなお祭りなのに、そのお祭りで「結婚できない」、「貧乏になる」なんて意味のくじを引いたら、ちょっと落ち込んじゃいそうですよね。

でもそんな様子を周りが慰めるのも含めて、アイルランドのハロウィンなのかもしれませんね。

ハロウィンには悪魔祓いの意味合いがありますが、このような占いをして、盛り上がることで悪霊や邪気を追い払えるのかもしれませんね。

アメリカの伝統のお菓子

では、アメリカのハロウィンの伝統のお菓子はというと、アイルランドとは全く異なります。

アメリカのお菓子の定番は「キャンディコーン」です。

その名の通り、とうもろこしの形をしたキャンディで、アメリカが農業社会であった時に誕生しました。

砂糖とコーンシロップを使った、黄色、オレンジ、白の3色のキャンディーで、かなり甘めのソフトキャンディです。

子供が家に周ってきた時に渡すお菓子の定番で、ハロウィンシーズンになると、そのキャンデイの甘い香りが至る所で漂うようです。

そしてアメリカにはもう一つ、定番の伝統のお菓子があります。

それが「キャラメルアップル」です。

棒に刺したリンゴにキャラメルをかけたもので、シャキシャキ食感のりんごとキャラメルの風味がマッチしたお菓子です。

まるで、縁日などのお祭りでよく見かけるりんご飴みたいですね。

キャラメルアップルの場合はナッツやチョコレートでコーティングしたものもあり、味だけでなく見た目も華やかで楽しめるようです。

あい
このように、ハロウィンにはアイルランドとアメリカで伝統のお菓子は異なるようです。

ハロウィンの伝統のお菓子は?まとめ

ハロウィンというと、仮装や子供がお菓子を貰って周るイメージですが、伝統的なお菓子もあるんですね。

しかも、本場のアイルランドと、移民から伝わったアメリカで全く異なるというのも面白いですね。

おみくじみたいなお菓子を食べるというのも意外でした。

日本のハロウィンのお菓子とは全く異なるので、機会があれば食べてみたいですね。




  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-ハロウィン
-