バレンタイン・ホワイトデー

ホワイトデーに渡すキャンディには意味がある?

2022年3月21日

ホワイトデーのキャンディ

ホワイトデーに渡すキャンディには意味がある?

ホワイトデーはバレンタインにチョコレートをもらった男性が女性にお返しをする日です。

お返しの品として定番なのがお菓子で、クッキーやマシュマロなどがあります。

そして定番のお菓子の一つがキャンディですが、実はこのホワイトデーのキャンディには意味があるんです。

あい
そんなホワイトデーのキャンディの意味について詳しくご紹介します。

ホワイトデーに渡すキャンディの意味とは?

ホワイトデーに渡すキャンディの意味

まず、ホワイトデーにお返しの品として相手に渡すお菓子にはそれぞれ意味があります。

定番のクッキーには「あなたはいいお友達です」という意味が、マシュマロには「あなたにもらったチョコレート(気持ち)を優しく包んで返します」という意味が、マカロンには「あなたは特別な人です」という意味があります。

では、そんな定番の一つとも言えるキャンディの意味はなんなのでしょうか。

ホワイトデーの発祥にキャンディが関係している?

実はホワイトデーにキャンディを渡すようになったのは、ホワイトデーの発祥が関係しているようです。

ホワイトデーの発祥については諸説あります。

一つはマシュマロを販売するために福岡の製菓店が1978年に始めたという説です。

そのため、ホワイトデーのお返しの定番の一つがマシュマロになったと言われています。

そしてもう一つの説が全国飴菓子業協同組合が3月14日を「キャンディの日」として決めたという説です。

ただ、ホワイトデーのホワイトが恋人の純潔のイメージにぴったりだと思われたことから、「キャンディの日」ではなく、「ホワイトデー」にしたという命名説があります。

ではそんな純潔の日に渡されるキャンディにはどのような意味合いがあるのかというと、「あなたが好きです」という、まさに純潔の日にぴったりな意味合いがあるのです。

ホワイトデーのキャンディの意味はひとつじゃない?

そんなホワイトデーにぴったりの意味を持つキャンディですが、実は意味は一つではありません。

キャンディは味が長く続くことから「付き合うと長続きする」、硬いことから「お互いの関係が崩れにくい」、甘いことから「甘い関係を築きたい」など、まさに恋人同士にぴったりの意味合いがたくさんあります。

これを踏まえると、ホワイトデーに本命の人にキャンディを渡すのはまさにぴったりです。

逆に本命以外の方に渡すのはためらってしまいそうですね。

でも、「好き」には「LOVE」の他にも「LIKE」がありますから、義理キャンディもアリな気がします。

あい
このように、ホワイトデーのキャンディにはお返しとしてぴったりな意味が込められているんですね。

ホワイトデーのキャンディはフレーバーごとに意味が違う?

キャンディの意味はフレーバーごとに違う

さらにキャンディには色々なフレーバーがありますが、そのフレーバーごとに違う意味もあるんです。

多種多様なキャンディならではですね。

他のホワイトデーのお返しスイーツではこんな風にいきませんからね。

では、そんなフレーバーの意味もいくつかご紹介します。

いちご味・・・恋や結婚、子孫繁栄
りんご味・・・運命の相手
メロン味・・・デートに誘われるかも
レモン味・・・真実の愛
オレンジ味・・・幸せの花嫁
ぶどう味・・・酔いしれる恋
バナナ味・・・結婚話があるかも

以上が主なキャンデイのフレーバーのそれぞれの意味です。

どのキャンディも幸せをイメージさせるポジティブな意味合いばかりで、好きな相手にお返しを贈りたいホワイトデーにぴったりです。

それにしても味によってこんなに意味があるなんて面白いですよね。

ホワイトデーに渡すなら、そんな意味合いも考慮して大好きな方に渡すのもいいかもしれません。

今の恋を楽しみたいなら「ぶどう味」や「メロン味」、これから告白を考えているなら「バナナ味」や「レモン味」など、今の気分をなかなか言葉に表せない代わりにフレーバーに例えてみるのも面白いでしょう。

ただ、結婚などの意味合いがあるものはホワイトデーの義理でのお返しには向いていないかもしれませんね。

あい
このようにホワイトデーのキャンディにはフレーバーにも意味がそれぞれあるので、そんな意味を考えながら渡すのもいいでしょう。

ホワイトデーにおすすめのキャンディは?

ホワイトデーにおすすめのキャンディ

では、ホワイトデーのお返しに贈るキャンディにはどのようなものがいいでしょうか。おすすめをいくつかご紹介します。

はちみつ専門店「ラベイユ」のボンボンフルール ミエル

ホワイトデーに本命の方へのお返しにぴったりのキャンディです。

フランス産ハチミツを使った可愛い瓶入りのキャンディで、レモン味やオレンジ味があります。

レモン味には「真実の愛」という意味が、オレンジ味には「幸せの花嫁」という意味があるので、これから結婚を考えている方や既婚者の方にもおすすめのホワイトデーギフトです。

「京あめ とにまる」のいろむすび

京都の飴専門店「とにまる」の可愛いキャンディです。

宇治の職人が手作りで仕上げた和風テイストの可愛らしい手毬模様の飴で、瓶に入っているので、カラフルな見た目も楽しめます。

「あめやえいたろう」のスイートリップ

飴専門店のリップグロス型の可愛いキャンディです。

まさにパッと見はリップグロスに見えるチューブ型で、そのまま食べるのはもちろん、柔らかいキャンディなのでヨーグルトにかけたり、紅茶に入れたりしても楽しめます。

甘すぎない程よい甘さの大人のキャンディです。

3本セットや6本セットもあるので、ホワイトデーのちょっとおしゃれなギフトにぴったりです。

このようにキャンディには可愛い見た目のものが多く、女性への贈り物としてぴったりです。

ホワイトデーにキャンディを贈るなら、可愛い見た目や相手が好きなフレーバーなどを考慮して贈ると喜ばれます。

フレーバーの意味合いはあまり気にしなくても、キャンディ自体に「あなたが好きです」という意味合いがあるので、ホワイトデーのお返しにぴったりです。

あい
ホワイトデーには「大好き」という意味を込めて、相手が喜ぶような可愛いキャンディを贈るといいでしょう。

ホワイトデーに渡すキャンディの意味とは?まとめ

以上のことから、ホワイトデーのキャンディには「あなたが好きです」という意味があり、さらにフレーバーごとに意味合いがあることもわかりました。

大切な方に贈るものとしてぴったりなので、ホワイトデーに可愛いキャンディを贈ってみてはいかがでしょう。




  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-バレンタイン・ホワイトデー
-,