雑学

Amazonの荷物はトラッキングIDで追跡できる?DAから始まる番号とは?

2022年5月29日

Amazon

Amazonの荷物はトラッキングIDで追跡できる?DAから始まる番号とは?

今では日本全国、どこからでもネットで買い物ができますよね。

その大手の一つがAmazonです。

自宅にいなくても置き配対応もしてくれるので便利ですよね。

そんなAmazonの荷物は追跡できるのでしょうか?

あい
Amazonの荷物についてトラッキングIDで追跡できるのか、DAから始まる番号が何なのか調べてみました。

Amazonの荷物は追跡できる?

Amazonの荷物の追跡

まず、Amazonの荷物は追跡できるのでしょうか?

例えばクロネコヤマトや佐川急便の場合は荷物の送り状ナンバーから荷物がどこにあるのか追跡ができます。

Amazonも大手ということで、荷物の追跡ができるのでしょうか?

ただ、クロネコヤマトや佐川急便の場合は配送会社であって、Amazonはショッピングサイトです。

ちょっと追跡ができるかどうか疑問ですよね。

そこで、Amazonの荷物の配送について、まずは簡単にご紹介します。

Amazonで何か購入すると、荷物は地域の宅配専門業者が宅配する場合と、Amazon専門の配送業者が宅配する場合があります。

以前は大手の佐川急便やクロネコヤマトもAmazonの宅配を担っていました。

ただ、佐川急便は運賃利益が望めないといった理由からAmazonから撤退し、クロネコヤマトの場合は運賃を上げました。

そのため、Amazonの荷物がこの大手2社で届くことはほとんどなくなったわけです。

でもクロネコヤマトや佐川急便の場合は配送がしっかりしていたため、トラッキングIDで荷物の配送状況を確認することが簡単でした。

現状のAmazonの荷物はトラッキングIDでの配送確認ができるのでしょうか?

Amazonの配送はどこがやってる?

では、佐川急便が撤退し、クロネコヤマトの運賃が上がったしまったことで、Amazonの配送はどこが手がけているのかというと、大きく二つあります。

それは「Amazonデリバリープロバイダ」と「Amazonフレックス」です。

Amazonデリバリープロバイダとは主に地元で活躍している運送業者で、北海道なら札幌通運、都内ならギオンデリバリー、関西ならロジネットジャパンなどがあります。

どうして大手でなく、地元の配送業者なのかというと、Amazon的にもその方がコストが抑えられるからです。

そしてもう一つの宅配業者、Amazonフレックスというのは個人事業主のことです。

赤帽のように個人で宅配をしている人もいて、Amazonと契約した場合はAmazonフレックスとして活躍できます。

そして最近、Amazonで商品が届く時に配送業者名がデリバリープロバイダなどの名前ではなく、配送業者Amazonと記載されている場合もあります。

これはなんのかというと、実際に配送業者Amazonという会社があるわけではありません。

Amazonの宅配サービスに特化した部門であって、AmazonデリバリープロバイダやAmazonフレックスで宅配する荷物の再配達や追跡をおこなってくれるのです。

ですから、届けてくれる業者が配送業者アマゾンというわけではないので、違うところから荷物が届いたからといって心配しないでください。

では、配送業者Amazonがあるなら荷物の追跡も簡単なのでしょうか?

荷物の追跡によく使われるのがトラッキングIDですよね。

クロネコヤマトや佐川急便の送り状ナンバーがこのトラッキングIDというわけになるのですが、Amazonの荷物にトラッキングIDはついているのでしょうか?

また、配送業者が異なるということはトラッキングIDも異なるということなのでしょうか?

全国で色々な配送業者がいるので、トラッキングIDがバラバラだと追跡が難しそうに感じてしまいます。

それともAmazon専用のトラッキングIDでもあるのでしょうか?

どうやらAmazonのトラッキングIDにはDAという記号が関係しているようです。DAとは何なのでしょうか?

DAとは何かの略称なのでしょうか?

もしくはただの記号なのでしょうか?

あい
今度はAmazonでの荷物のトラッキングIDや疑問のDAについてみていきましょう。

追跡用のトラッキングIDは大きく2種類!DAって何?

Amazonの荷物

実はAmazonの場合、荷物のトラッキングIDは大きく2種類あるようです。

まあ、全国的に色々な配送業者を使い、中にはAmazonフレックスといった個人事業主もいるので、トラッキングIDが多種多様なのは何となく想像できます。

ただ、それが大きく分けて2種類とはどういうことなのでしょう?

このトラッキングIDにDAがついているのでしょうか?

実はAmazonの荷物の追跡は注文履歴画面からもできます。

注文履歴を開くと荷物のステータスが表示されます。

それぞれのステータス名と状況を簡単にご紹介します。

ステータス状況
商品を発送しました。Amazon倉庫から出荷されただけで配送業者には渡っていません。
お近くの配達店まで輸送中です。物流センターから配達を担当する愛想センターまで輸送中です。
お近くの配達店に到着しました。配達担当の配送センターに到着しました。
配達中です。配達に向かっている状態ですが、決められたルートを順番に回るので時間がかかる可能性があります。
配達完了配達が完了しました。メール便のポスト投函しただけでこのステータスになります。

このように注文画面からステータスを確認できるので便利ですよね。

そしてこの荷物の追跡を可能にしているのがトラッキングIDなのですが、DAがついているタイプと、数字がついているタイプがあります。

実はAmazonの注文履歴から追跡できるトラッキングIDがDAがついた番号なのです。

Amazonの荷物のトラッキングIDは主に2種類あります。

トラッキングIDがDA、もしくは99から始まる場合は注文履歴から簡単に確認できます。

これはステータスが出てくるので、置き配やメール便の時はすぐに確認できて便利ですよね。

では、それ以外の数字で始まるトラッキングIDの場合はというと、注文履歴からステータスを確認できません。

その場合はデリバリープロバイダがどこかはわかるので、そのデリバリープロバイダの確認方法で追跡ができます。

あい
このようにAmazonの荷物の追跡はトラッキングIDにDAか99がついていれば注文履歴からステータス確認ができますし、それ以外でもデリバリープロバイダの方法によって追跡ができるようです。

Amazonの荷物はトラッキングIDで追跡できる?DAから始まる番号とは?まとめ

Amazonは国内で色々な人が利用するサイトで、その分、荷物の配送料も年々増えているようです。

しかし、DAからはじまるトラッキングIDなどを使って追跡もしっかりできるので、配送に関しても安心できるようですね。




  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-雑学
-