言葉の使い方

「重複」の正しい読み方は?「ちょうふく」?「じゅうふく」?

重複

「重複」の正しい読み方は?「ちょうふく」?「じゅうふく」?

漢字の読み方って難しいですよね。

漢字の種類も豊富なので読めない漢字だってたくさんあります。

でも、一見、読めているようであっても「それ間違っているよ」なんて指摘される漢字もあります。

その一つが「重複」です。

「ちょうふく」、「じゅうふく」、どちらの読み方が正しいのでしょう?

どちらも読むような気がしますよね。

あい
そこで、「重複」の正しい読み方についてみていきましょう。

「重複」の読み方は間違えやすい?正しい読み方は?

重複

まず「重複」の読み方はどんな読み方があるのでしょう。

パッと思いつくのは二つですよね。

「ちょうふく」と「じゅうふく」の二つの読み方です。

一見、どちらの読み方も正しいような気がしますよね。

でも現代では一般的に「重複」は「じゅうふく」と読むようです。

文化庁が平成15年に行った世論調査では「じゅうふく」と読む人が76.1%と、「ちょうふく」と読む人より多いという結果が出ています。

では「重複」の読み方で正しいのは「じゅうふく」で、「ちょうふく」は間違いということなのでしょうか?

クイズ番組でも多数の方が正しかったりしますよね。

でも2割以上が違う読み方をしているということには何か理由がありそうな気もします。

ちなみに辞書で引いてみると「重複(読み方 ちょうふく)」で載っていました。

意味は

①同じ物事がいくたびか重なること。二重。
②重なり合うこと。重畳。

でした。

辞書に読み方「ちょうふく」で載っているということは、「ちょうふく」という読み方が正しいのでしょうか。

辞書に載っている方が正しいようなイメージですよね。

あい
実は「重複」の読み方は「ちょうふく」と「じゅうふく」の2つとも正しいようです。
一体、両方とも正しいということは、どういうことなのかみていきましょう。

重複の読み方はどちらも間違えではない?一般的にはどちらがいい?

重複の読み方

実は日本語の中には意味は同じでも時代と共に読み方が変わっていったものがあります。

その一つが実は「重複」です。

「重複」は昔と今で読み方が違うんです。

それが「じゅうふく」と「ちょうふく」です。

実は「重複」の読み方として世間で多い読み方は「じゅうふく」ですが、元々の読み方は「ちょうふく」でした。

室町時代には「重複」は「ちょうふく」という読み方でした。

それが明治時代以降、「じゅうふく」という読み方が定着したようです。

つまり両方の読み方とも正しいようですね。

ではなぜ新たな「じゅうふく」という読み方が出てきたのかというと、「慣用読み」するようになってきたからです。

「慣用読み」というのは正しい読み方ではないものの、多くの人が読むようになったことで定着した読み方のことを言います。

まさに「重複」はその一つで、正しい読み方である「ちょうふく」よりも「じゅうふく」の方が世間に広まり、親しまれるようになったのです。

文化庁の調べたデータでも一目瞭然ですよね。

ちなみに慣用読みをするようになった漢字の中には、慣用読みが本来の読み方よりも定着し、本来の読み方が全く使われなくなったものがあります。

それが「情緒」です。

「情緒」というと、今では「じょうちょ」と読むのが普通ですよね。

テストなどに出てきても答えには「じょうちょ」と書きます。

しかし、「情緒」の本来の読み方は「じょうしょ」だったんです。

このように時代と共に変わっていく漢字もあるんですね。

このように「重複」の正しい読み方は「ちょうふく」です。

しかし、世間一般には「じゅうふく」が浸透しているため、ある意味、どちらも正しいと言えるのです。

ただ、慣用読みが定着しているとはいえ、本来の正しい読み方は「ちょうふく」なので、公共の場で読むようなことがあれば「じゅうふく」ではなく、「ちょうふく」と読むことが望ましいです。

ちなみにそんな「重複」の使い方を例文でご紹介します。

「注文が重複しないように注意してください」

同じ注文が重ならないようにしてくださいということですね。

「国内市場と海外市場に重複上場している銘柄がやはり人気だ」

国内と海外の市場の両方に上場しているということですね。

このように元々の意味は「重なり合うこと」なので、文章に用いる際にはしっかりと意味も理解した上で使うといいでしょう。

ちなみに同義語として間違えやすい言葉が「反復」や「繰り返し」です。

確かに同じことを繰り返すのは「重なる」とイメージ的に同じような気がしますが、実際は違います。

わかりやすく、例文を交えてご紹介します。

こちらの例文は間違いです。

「同じ失敗ばかりを重複している」

この場合は失敗が重なっているわけではないので、重複ではなく「繰り返している」と用います。

つまり正しい例文としては

「同じ失敗ばかりを繰り返している」

となります。

またこちらの例文も間違いです。

「好きな曲を重複してずっと聴いている」

曲が重なっているわけではないので、この場合は「反復」を使います。

正しくは

「好きな曲を反復してずっと聴いている」

となります。

なんとなく似たようなイメージなので「繰り返す」、「反復」は重複と混同しがちですが、意味合い的には異なるので間違えないように注意してください。

あい
このように「重複」の正しい本来の読み方は「ちょうふく」ですが、慣用読みとして「じゅうふく」も人びとに親しまれているので、間違いとは言えないようです。
ただ、公共の場やビジネスの際に使うときは本来の読み方である「ちょうふく」を使うようにした方がいいでしょうね。

「重複」の正しい読み方は?「ちょうふく」?「じゅうふく」?まとめ

「重複」の読み方というと「ちょうふく」と「じゅうふく」の2つがあり、どちらが正しいのか分からなくなりがちですが、本来正しいのは「ちょうふく」です。

しかし、世間一般には慣用読みである「じゅうふく」が浸透しているので、あながち間違いではないのです。

ただ、もし公共の場などで読む場合は本来の読み方の「ちょうふく」を使った方がいいでしょう。

ただ、漢字には慣用読みというのがあるので、もしかしたら今は普通に使っている感じがこれから何年もすると違う読み方になっている可能性もあるんですね。

そう思うと漢字も面白いですね。

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-言葉の使い方
-