言葉の使い方

「ストラテジー」と「タクティクス」の意味の違いは何?類語は?使い方を例文で見てみよう!

「ストラテジー」と「タクティクス」の意味の違いは何?類語は?使い方を例文で見てみよう!

ビジネスシーンでは色々なカタカナ言葉があります。
その一つが「ストラテジー」です。
また、似たような感じで使われるものに「タクティクス」という言葉がありますが、両者の意味に違いはあるのでしょうか?
また、きちんと使うからには類語も押さえておきたいですよね。

あい
そこで、「ストラテジー」と「タクティクス」の意味の違いや類語について、さらに使い方を例文で見てみましょう。

「ストラテジー」と「タクティクス」の意味の違いは何?類語は?

「ストラテジー」と「タクティクス」の違いを知るために、まずはそれぞれの意味を見てみましょう。
「ストラテジー」というのは「戦略、方略、策略」という意味です。
「ストラテジー」というのは元々は、軍事用語でした。
語源はギリシャ語のstratosで、意味は「軍隊」ということです。
そこから「軍隊を指揮し、大規模な作戦を成功させるための作戦を練る」ということで「戦略」になったようです。
でも「戦略」と言っても、現代において実際に戦争をするということはほとんどありません。
では、どう言ったシーンで使うのかというとビジネスシーンです。
ビジネスでは会社の運営をしていく上で大きな戦略が必要となることがあります。
そのようば場合に「ストラテジー」を使うのです。
では、使い方を例文で見てみましょう。
・我が社の経営を立て直すためには、大きなストラテジーが必要となるだろう。
意味は「我が社の経営を立て直すためには、大きな戦略が必要となるだろう」ということです。
この例文での使い方のように、「ストラテジー」は大規模な戦略や策略を意味するシーンで使います。
会社の今後を左右するような総合的・多面的な戦略に使えるのであって、小さな企画や計画については使うことがないので、間違えないようにしてください。

そんな「ストラテジー」と似たような感じで使われるのが「タクティクス」です。
これもビジネス用語なのですが、その意味には大きな違いがあります。
「タクティクス」というのは「戦術」を意味します。
これも元の語源は軍事用語です。
「戦略」と「戦術」、似ているような気がしますよね。
でも違います。
そもそも「戦略」というのは戦いに勝つための大きな計画で、「戦術」というのはその計画の中でどのように戦うか、どのような方法で攻めるのかといった具体的な手法を指します。
つまり「戦術」というのは「戦略」の一部ということです。
「ストラテジー」と「タクティクス」においても同様です。
「タクティクス」とは「具体的な方法や内容」を指しており、「ストラテジー」との違いは総合的な面を含んでいないということです。
つまり「ストラテジー」の一つの方法として「タクティクス」があるのです。
どちらも軍事用語で、戦略を成功させる上で必要なことから混同されやすいようです。
でも意味はかなり違いますので、ビジネスシーンで間違えないようにしてください。

ではそんなタクティクスの使い方を例文に挙げてみましょう。
・タクティクスをしっかり練って、明日の試合に備えよう。
意味は「戦術をしっかりと練って、明日の試合に備えよう」ということです。
この例文のように「タクティクス」というのは狭い範囲で具体的な内容を指します。
これが「ストラテジー」との違いです。

そんな「ストラテジー」と「タクティクス」には類語はあるのでしょうか?
まず、「ストラテジー」の類語についてみてみると、いくつかあります。
一つ目の類語が「プロセス」です。
プロセスというのは何かを成し遂げる上での過程のことで、ストラテラジーにおいても全体的な経過を指す場合があります。
そのため、類語としても使えるのです。
ただ、プロセスというのは小さな過程についても当てはまります。
ちなみに、タクティクスの中にもプロセスがあったりします。
そのためストラテジー=プロセスではないのです。

二つ目の類語が「プラン」です。
プランとは計画のことで、ある意味、ストラテジーも会社の運営に関するプランだったりしますよね。
そのため、類語としても使えるのです。
使い方を例文で見てみましょう。
・会社を立て直すプランを考えなければいけない。
意味は「会社を立て直す計画を考えなければいけない」ということです。

次に「タクティクス」の類語についてみてみましょう。
一つ目は「作戦」です。
作戦とは目標達成のための具体的な方法のことで、戦術を意味するタクティクスと同様の意味合いですね。
これなら例文で言い換えもできそうです。
例文で使い方を見てみましょう。
・明日の本番に向けて作戦会議をしよう。
意味は「明日の本番に向けて具体的な方法を話し合おう」ということです。

さらに二つ目の類語が「戦法」です。
戦法とはスポーツ競技や戦闘における戦い方のことで、こちらも戦術と同様の意味合いですね。
そのため、例文の言い換えに使えそうです。
例文で使い方を見てみましょう。
・戦法を変えれば、強豪にも勝てるかもしれない。
意味は「戦い方を変えれば、強豪にも勝てるかもしれない」ということです。

あい
このように「ストラテジー」と「タクティクス」は似たような場面で使うビジネス用語です。
どちらも軍事用語由来で、目的を達成するためのビジネス用語であることから混同されがちですが、意味に違いがあるので、きちんと理解した上で使うようにしたほうがいいでしょう。

「ストラテジー」と「タクティクス」の使い方を例文で見てみよう

では「ストラテジー」と「タクティクス」の意味の違いや類語がわかったところで、それぞれの使い方を例文で詳しくみてみましょう。
まずは「ストラテジー」の使い方を例文で見ていきましょう。
・小売店の売上を伸ばすためには、効果的な販売ストラテジーが必要だ。
意味は「小売店の売上を伸ばすためには、効果的な販売ア戦略が必要だ」ということです。
企画会議などで発言されそうなセリフですね。
だからこそ、意味はしっかりと理解していないといけません。
類語で言い換えるなら「戦略」が1番わかりやすそうですね。
「プラン」という類語も使えなくはないですが、戦略とした方がビジネスに重点をおいているイメージがありますね。

次の例文でも使い方を見てみましょう。
・今回の営業ストラテジーは、顧客視点に焦点を当てて考えてみよう。
意味は「今回の営業戦略は、顧客視点に焦点を当てて考えてみよう」ということです。
これを類語に言い換えるなら、やはり「戦略」が良さそうですね。

このように「ストラテラジー」というのはビジネスシーンでの話し合いに度々登場しそうな言葉ですね。
ではそんな「ストラテラジー」と意味の違いがある「タクティクス」の使い方を例文で見てみましょう。
・予選に向けてタクティクスを考え直そう。
意味は「予選に向けて戦法を考え直そう」ということです。
スポーツ競技などのシーンで使えそうな言い方ですね。
類語で言い換えるなら「戦法」が当てはまりそうです。
試合についての具体的な方法という狭い範囲についての話なので、大きな範囲での戦略を意味する「タクティクス」とは違いますね。

次の例文でも使い方を見てみましょう。
・来週のイベントに備えて、スタッフの配置や音響設備の配備など細かなタクティクスを決めておこう。
意味は「来週のイベントに備えて、スタッフの配置や音響設備の配備など細かな部分を決めておこう」とうことです。
類語で言い換えるなら「作戦」が当てはまりそうです。
この例文でもわかるようにタクティクスとは細かな部分を指します。
そのため、やはり「ストラテジー」とは違いますね。

あい
このように「ストラテジー」と「タクティクス」というのはビジネスシーンはもちろん、スポーツシーンでも使うことがあるようです。
ただ、意味合いに違いがある分、使い方にも違いがあるので、使う際には混同しないように注意してください。

「ストラテジー」と「タクティクス」の意味の違いは何?類語は?使い方を例文で見てみよう!まとめ

「ストラテラジー」と「タクティクス」というのは両方ともビジネスやスポーツなどで戦略を練る際に使うような言葉です。
意味は「ストラテジー」が戦略、「タクティクス」が戦術ということで、似つつはありますが明確な違いがあります。
そのため、例文に挙げたように使い方も類語も違います。
混同してしまうと、ビジネスにおいては恥をかいてしまう場合もあるので、社会人になったのなら覚えておいたほうがいいでしょう。




関連記事

「ずつ」と「づつ」の違いは?正しいのはどっち?例文も紹介
敬具・草々・かしことは?意味や違いを例文と一緒にご紹介します!
「厭わない」の意味とは?類語や例文も紹介!
「重複」の正しい読み方は?「ちょうふく」?「じゅうふく」?
クロネコヤマトに不用品回収はあるの?今はない?
「所用・所要・私用」の意味や違いは?例文も紹介!
「会食」と「接待」の違いとは?例文もご紹介!
「お忙しいところ恐縮ですが」の意味や使い方は?例文もご紹介!
「韻を踏む」の意味や使い方とは?類語は?例文も紹介!
スタイリッシュの意味や使い方・類語は?例文もご紹介!
「ノスタルジー」の意味や使い方・類語は?例文もご紹介!
「下手の横好き」の意味や使い方とは?類語や例文も紹介!
「粛々と」の意味や使い方は?類語や例文もご紹介!
「テンプレ」の意味や由来は?使い方を例文でご紹介!
「毎々」の意味と使い方とは?類語や例文もご紹介!
「もとい」と「改め」の意味の違いとは?例文もご紹介!
「思料」と「思慮」の意味の違いとは?例文もご紹介!
含蓄の意味や使い方は?類語や例文も紹介!
「エモーショナル」と「エモい」の意味や使い方とは?類語や例文もご紹介!
「抱負」と「目標」の意味の違いとは?例文もご紹介!
「集荷」の読み方は?2つの意味があるって本当?
アベックとカップルの意味の違いとは?例文も紹介!
「百聞は一見にしかず」の意味や由来、類語は?例文もご紹介!
「感銘」と「感動」の意味の違いは?使い方を例文で紹介!
「制作」と「製作」の意味の違いや使い方は?例文も紹介!
自画像とは?書き方にも種類がある?あの有名人の自画像は?
「頂く」、「戴く」の意味の違いや使い方は?例文も紹介!
「マイノリティ」の意味や使い方、類語は?例文でご紹介!
「カスタマイズ」の意味や使い方、類語は?例文もご紹介!
「直近」・「間近」・「最近」の意味の違いは?例文もご紹介!
「転機」の意味や使い方は?類語や例文も紹介!
「宵の明星」と「明けの明星」の違いとは?意味が違う?例文も紹介!
「机上の空論」の意味とは?類語は?例文もご紹介!
「フレキシブル」の意味や類語は?例文で使い方も見てみよう!
「苛まれる」の意味や類語は?使い方を例文でご紹介!
「彷彿とさせる」の意味や類語は?使い方を例文でご紹介!
「具現化」と「具象化」の意味の違いとは?例文もご紹介!
「無知の知」の意味とは?由来はソクラテス?使い方を例文で見てみよう!
「叱責」と「パワハラ」の意味の違いは?それぞれの使い方を例文でもご紹介!
「携わる」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「今日も今日とて」の意味や使い方は?例文も紹介!
「以内」、「以下」、「未満」の違いは?前の数字は含むの?例文でわかりやすくご紹介!
「もしくは」、「または」の意味の違いは?例文もご紹介!
「灯台下暗し」の意味や類語は?例文で使い方もご紹介!
「隣の芝生は青い」の意味や類語は?例文もご紹介!
「類は友を呼ぶ」の意味や類語は?例文で使い方もご紹介!
「玄人」の読み方や意味、類語は?使い方を例文で見てみよう!
「ひよる」の本当の意味や類語は?例文で使い方もみてみよう!
「上梓」の読み方や意味は?類語や使い方も例文でご紹介!
「添付」の意味や類語は?メールでの使い方を例文でご紹介!
「喧伝」の読み方や意味、類語は?使い方を例文でご紹介!
「先触れ」の意味や使い方は?類語は何?例文もご紹介!
「リクープ」の意味や使い方は?リクープラインとは何のこと?
「科学」と「化学」の違いとは?わかりやすくご紹介します!
「をば」の意味は?古文だけでなく、現代文でも使える?その使い方は?
「記 以上」の意味は?使い方にはルールがある?例文でご紹介!
「職責」と「職務」の意味の違いとは?それぞれの使い方を例文で見てみよう!
「了解」と「承知」の意味の違いとは?目上の人に使ってはダメ?正しい使い方を例文でご紹介!
「嬉しい限り」の意味や類語は?例文で使い方も見てみよう!
「ひいては」と「しいては」の違いとは?意味が全く違う?使い方を例文で見てみよう!
「まずは」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「久方ぶり」の意味や類語は?使い方を例文でご紹介!
「優に超える」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「なお」の意味や類語は?詳しい使い方を例文でご紹介!
「講じる」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「まとわりつく」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「そんな折」の意味や類語は?使い方を例文でご紹介!
「割を食う」の意味や類語は?使い方を例文でご紹介!
「信用」と「信頼」の意味の違いとは?類語は?使い方を例文でご紹介!
「語るに忍びない」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「もののふ」の意味や類語は?どんな使い方をするか例文で見てみよう!
「想像に容易い」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「お目汚し」の意味や類語は?使い方も例文でご紹介!
「座して待つ」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「はす向かい」の意味や類語は?使い方を例文でご紹介!
「たらしめる」の意味や類語は?使い方を例文でご紹介!
「木を見て森を見ず」の意味や類語は?使い方を例文でご紹介!
「昼下がり」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「師事する」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「明朗会計」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「期待に応える」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「応える」と「答える」の意味の違いは?使い方をそれぞれ例文で見てみよう!
SNSで見かける「おまいう」の意味とは?類語はある?使い方を例文でご紹介!
「おみそれしました」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「罪悪感に苛まれる」の意味や類語とは?使い方を例文で見てみよう!
「近日中」とは何日か?意味や使い方を例文と合わせてみてみよう!
「そぐわない」の意味や類語は?使い方を例文でご紹介!
「ぞんざい」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「ちいかわ構文」とはどんな意味?元ネタと使い方を例文でご紹介!
「顕著」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「ハイソ」の意味や類語は?使い方を例文でご紹介!
「シャビー」の意味や類語は?使い方を例文でご紹介!
「アテンダント」と「アテンド」の意味の違い・類語は?使い方を例文で見てみよう!
「リカバー」と「リカバリー」の意味の違いは?類語は?使い方を例文で見てみよう!
「なかなかどうして」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「追って連絡」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「ストラテジー」と「タクティクス」の意味の違いは何?類語は?使い方を例文で見てみよう!
「卒寿」、「白寿」、「百寿」の違いとは?それぞれの意味は?使い方は?
「氷山の一角」の意味や類語は?使い方を例文でご紹介!
「糠に釘」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!
「ぴえん」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-言葉の使い方
-