言葉の使い方

「集荷」の読み方は?2つの意味があるって本当?

集荷

「集荷」の読み方は?2つの意味があるって本当?

荷物のやり取りで「集荷お願いします」と依頼することがありますが、そもそも「集荷」ってどういう意味なのでしょう。

実は2つの意味があると言われています。

一体、そんな意味があるのでしょうか。

あい
そこで「集荷」の読み方や、2つの意味、さらに集荷の具体的な流れについて調べてみました。

「集荷」の読み方や意味は?

集荷の読み方や意味

まずは「集荷」の読み方についてみていきましょう。

「荷」は「荷物」の「に」と読むことから「しゅうに」と間違えがちですが、正確には「しゅうか」です。

大人になってから間違えると恥ずかしいので注意してくださいね。

では「集荷」とはどういう意味なのでしょう。

どうやら2つの意味があるようです。

まずは1つ目の意味から見ていきましょう。

よく使われるのが「運送業者が荷物を引き取りに行くこと」ですよね。

世間一般的に使われているのがこの「集荷」ですよね。

丁寧に説明すると、配送業者に連絡をして荷物を引き取りに来てもらって集めることです。

そのため、例文に挙げると

・業者さんに連絡して集荷してもらって。

とか、

・今日の集荷に間に合うか、確認して。

などといった使い方をします。

意味は「宅配業者に引き取りに来てもらって」、「引き取り時間に間に合うか確認して」といった感じになります。

ちなみにこの1つ目の意味の集荷ですが、郵便局や宅配業者に直接荷物を持って行って預ける際には使いません。

つまり、

・実家宛の荷物を郵便局に集荷した。

というのは間違いなのです。

では、その場合はどういうふうに表現するのかというと、

・実家宛の荷物を預けて送ってもらった。

となります。

では「集荷」の2つの意味のもう一つとは何でしょうか。

実は「各地域から荷物を1箇所に集めること」という意味もあります。

これが2つの意味のもう一つです。

つまり、全国から市場やマーケットなど1箇所に野菜や果物などが集まることですね。

一般的には1つ目の意味がよく使われますよね。

では2つの意味のもう一つの使い方を例文でご紹介します。

・地方の農家から様々な野菜が卸売市場に集荷される。

このような使い方をします。

一般的ではなく、卸業者などが使うシーンが多い意味合いのようですね。

ちなみに1つ目の意味の例文として

・実家宛の荷物を郵便局に集荷した。

というのは間違いだと説明しましたが、実は郵便局側からすれば営業所としていろいろな荷物や手紙を1箇所に集めるところであります。

そのため、2つの意味の後者を使うこともでき、その意味を使った例文がこちらになります。

・郵便局ではいろいろな荷物が集荷される。

この例文では「いろいろなところからのものを1箇所に集める」という意味合いとしては正解の使い方なのです。

そして「集荷」と間違えやすい言葉として「集配」があります。

「集荷」というのはいろいろなところにある荷物を集めることを意味していますが、「集配」というのはいろいろなところにある荷物を集めたり、配ったりすることです。

例えば郵便局の場合は、手紙や荷物を集めるだけでなく、配ったりもしますよね。

つまり集配サービスを行なっているということです。

「集」という同じ漢字を使っていることから間違えやすいですが、意味合いが違うので使う際には気を付けてください。

あい
このように、「集荷」には「運送業者が荷物を引き取りに行く」という意味と、「いろいろなところから1箇所に集める」という2つの意味があります。

「集荷」の流れは?

集荷の流れ

では「集荷」の2つの意味がわかったところで、1つ目の意味の「運送業者が荷物を引き取りに行く」の流れを具体的に見てみましょう。

まず、荷物を運送業者に荷物を集荷してもらう方法は宅配業者によって異なります。

ホームページから依頼できるものもあれば、営業所に連絡してもらって引き取りに来てもらうなどあるので、その業者の受付方法で申し込みをします。

するとドライバーが引き取りに来てくれるので集荷してもらいます。

そしてドライバーは荷物を一度営業所に集めて、配送先ごとに仕分けをします。

そして次に荷物はハブセンターに運ばれます。

ハブセンターとは各営業所の荷物を1箇所に集めるところです。

いわゆる集荷の2つの意味の後者ですよね。

そしてハブセンターで細かく仕分けされ、配送先の営業所に長距離トラックで届けられ、配送先近くの営業所からドライバーによって届けられるのです。

そして最近は荷物がどのあたりにあるのか追跡調査も可能です。

例えば荷物を送ったものの、いつぐらいに届くのか気になる時がありますよね。

そんな時は荷物を集荷してもらった際に受け取ったお問い合わせ状のお問合せナンバーなどを宅配業者のホームページの追跡システムに入力すると、どの営業所にあるのかわかったりします。

そのため、もし急ぎで受け取りたい場合は連絡しておけば、直接最寄りの営業所に受け取りに行くなんてことも可能です。

でも、こうやって「集荷」の2つの意味が分かりましたが、一般の企業や個人宅の場合、1つ目の意味合いで「集荷」を使うことが多いでしょうが、宅配業者からすると2つの意味の集荷を行なっていることになりますね。

というのも、企業や個人宅に荷物を受け取りに行く「集荷」を行って、さらにいろいろな荷物を営業所やハブセンターで1箇所に集めて「集荷」し、仕分けているのですから。

つまり「集荷」という言葉は宅配業者にとっては2つの意味とも、あたり前のことで、日常茶飯事行われていることということですね。

あい
このように集荷というのは一般的にはドライバーなどに渡したら集荷完了ですが、宅配業者の中では2つの意味の集荷が行われているんですね。
しかも追跡サービスもあるので、配送確認もしやすく便利ですね。

「集荷」の読み方は?2つの意味があるって本当?まとめ

「集荷」には「宅配業者が荷物を引き取りに行く」という意味と、「市場やマーケットなど1箇所に集める」という意味の2つの意味があります。

どちらも主に宅配関連で使う言葉ですね。一般的には前者の意味合いで使うことが多くありますが、後者で使う場合もあるので、覚えておくといいでしょう。

また、最近は集荷してもらった荷物は宅配業者のホームページで追跡確認することもできるので、安心して利用できますね。

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-言葉の使い方
-