言葉の使い方

「厭わない」の意味とは?類語や例文も紹介!

「厭わない」の意味とは?類語や例文も紹介!

日本語って難しいですよね。

日本人でさえ難しいと感じる言葉がたくさんあります。

その一つが「厭わない」です。

昔言葉のようなイメージですが、「苦労を厭わない」ってよく聞きますよね。

でもその意味はっていわれると、正しく答えられないと思う人もいるでしょう。

なんとなくいいイメージはあるものの、しっかりとした意味はわからなかったりします。

あい
そこで「厭わない」の意味や類語、例文をご紹介します。

「厭わない」の意味とは?

厭わない

まず「厭わない」の意味からみていきましょう。

「厭わない」とは「厭う」という言葉の否定形です。

ここで疑問に思うのは「厭う」の意味です。

「厭わない」自体、あまり聞かない言葉ではありますが、「厭う」の方が聞かないような気がしますよね。

では、「厭う」のそもそもの意味からみてみましょう。

その方が「厭わない」の意味を理解しやすいかもしれませんからね。

「厭う」の意味は「煩わしく感じて避ける」という意味です。

つまり心底嫌というわけではなく、面倒なので避けたいというようなネガティブな感じです。

そんな「厭う」の類語はというと、「面倒臭がる」、「敬遠する」、「嫌がる」といった類語があります。

やはりネガティブな言葉ばかりですね。

はっきり「嫌」という感じではなく、なんとなく嫌がるという感じですね。

でも実は「厭う」にももう一つ別の意味があるんです。

その意味はというと、「健康に気をつける」、「体を大事にする」という意味です。

類語としては「いたわる」が挙げられますね。

ネガティブな意味合いとは正反対のような温かみのある意味合いと類語ですね。

そんな二つ目の意味を用いた例文はというと、「どうかお体をお厭いください」といった文が挙げられます。

では、そんな「厭う」の否定形である「厭わない」の意味はというと、「嫌がって避けたりはしない」という意味になります。

では簡単な例文を使って具体的な意味をみてみましょう。

「厭わない」という言葉の例文によく挙げられるのが「苦労を厭わない」です。

この例文の意味はというと「苦労するのを嫌がらずに避けない」ということです。

もっと簡単に言い換えると「苦労があっても頑張る」ということですね。

「厭う」の意味に比べると、かなりポジティブな意味合いになりますね。

あい
では今度はそんな「厭わない」自体の意味を理解した上で、類語や例文についても詳しくみていきましょう。

「厭わない」の類語や例文も紹介!

厭わない

では、「厭わない」の類語からみていきましょう。

「嫌がって避けない」という意味合いなので、類語としては以下のような類語が挙げられます。

・面倒くさがらない
・敬遠しない
・避けない
・嫌わない
・嫌がらない

などです。

否定形の意味なので、類語もやはり否定形になっちゃいますね。

でも意味合い的にはどれもプラスのイメージですね。

積極的に何かするという感じではありませんが、だからと言って消極的というわけでもなく「わざわざ避けずにきちんとする」ような雰囲気がありますね。

そんな「厭わない」に対する対義語・反対語としては

・厭う
・毛嫌いする
・まっぴらだ
・避ける
・忌み嫌う

などがあります。

「厭わない」の対義語・反対語は「厭う」の類語がそのまま当てはまるようですね。

まあ、「厭う」の反対語ですから、それもそうですよね。

これは本当に「嫌」という意味合いが強いですよね。

ではそんな意味合いも踏まえた上で、例文も見てみましょう。

例文にすると一気に意味も分かりやすくなりますからね。

まず一つ目にご紹介する例文が

「他人が嫌がるような作業も厭わないで頑張っていたら、出世した」

です。

つまり人が面倒がって嫌がるようなことも避けずにしっかりやっていたら、成功したということですね。

コツコツと下積みから頑張って地道に出世していった様子が浮かびますね。

二つ目の例文をご紹介します。

「彼女と付き合うためならどんな苦労も厭わない」

「苦労を厭わない」というのはよく聞く文ですよね。

これは彼女と付き合うためにはいくつかの条件が必要だと仮定します。

そんな条件もクリアするぐらい頑張るということですね。

それぐらい彼女のことを愛している、大切にしたいという気持ちが表れているような気がします。

こんなセリフを大切に言えたらすごいですね。

三つ目の例文をご紹介します。

「どんなクイズが出題されようと、厭わずに解くクイズタレント」

クイズの中には解くのが面倒な問題もありますが、そんな問題さえも面倒くさがらずに解くということですね。

最近はクイズ番組も多く、そんな番組に出演するタレントも多いですよね。

スムーズに解ける問題もありますが、中にはやはり面倒なものもあります。

そんな問題も地道に解いていくといった感じでしょうか。

四つ目の例文をご紹介します。

「突然参加することになった企画でも、彼女は厭わずに自ら楽しんでやっているようだ」

突然参加することになった場合は面倒臭がることもありますが、彼女は面倒くさがらずに参加したということですね。

普通、企画などに突然参加することになったら、周りと足並みを揃えづらかったり、周りに馴染めずに面倒に感じがちですよね。

そうやって嫌がったり、面倒くさがらずに楽しんで行っているということですね。

例文をみると、人が面倒臭がることも嫌がらずにコツコツ行うような意味合いが含まれているような気がしますね。

総じて、やっぱりポジティブな印象です。

「厭わない」という言葉自体、否定形なので、意味合いも否定っぽいのかと思ったら正反対でしたね。

あい
このように類語や例文をみてもわかるように「厭わない」にはポジティブな意味があるんですね。

「厭わない」の意味とは?類語や例文も紹介!まとめ

「厭わない」とは普段の生活ではあまり使わない言葉ですが、類語や例文をみると意外にもポジティブな意味合いがあるんですね。

意味がわかれば普段使いもしやすくなるので、使うのを厭わずに会話に用いてみてはどうでしょうか。

また、「厭わない」という言葉自体、素敵な意味を持った言葉なので、できるだけ普段の生活もそんな厭わないような生活をしてみたいですよね。

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-言葉の使い方
-