言葉の使い方

「粛々と」の意味や使い方は?類語や例文もご紹介!

粛々と

「粛々と」の意味や使い方は?類語や例文もご紹介!

「粛々と」と言われるとすごく厳かなイメージがありますが、その意味はと言われるとちょっと説明できませんよね。

なんとなくイメージはできるものの、具体的に説明できない言葉ってありますが、「粛々と」はまさにその一つという感じですね。

あい
では、「粛々と」の意味や使い方についてみてみましょう。
類語や例文もご紹介します。

「粛々と」の意味や使い方は?

静かな場所

まずは「粛々と」の意味から見ていきましょう。

「粛々と」の意味は

・ひっそりと静まっている様
・厳かなさま、厳粛なさま、威厳を持って物事を行う様
・つつしみうやまう様

があります。

やはりイメージ通り、厳かな意味合いがあるんですね。

その意味は漢字の由来からきているようです。

「粛」というのは「おそれつつしむ」という意味合いから成り立った字で、「慎む」、「敬う」、「厳か」、「厳しい」、「正しい」、「静か」などの意味合いがあるそうです。

こうやってみると、色々な意味合いがあるので類語も多そうですね。

そして、「粛」の使い方・例文としては

自粛する・・・行動を慎む
厳粛に・・・・礼儀正しい
静粛・・・・静かな様子

などに使われているようです。

そして「粛々と」は、そんな「粛」が2つも重なっていることから身が引き締まるような厳かな様子を表しているそうです。

となると、類語においてもさらに引き締まった意味合いの言葉が求められそうです。

では「粛々と」の使い方についてみていきましょう。

意味がわかるとカジュアルなシーンでは使われない言葉というのがわかりますよね。

使い方として良くあるのは、冠婚葬祭のセレモニーや、オフィス関連では重要な会議、さらに伝統行事などで使われます。

例文で使い方を簡単にご紹介すると、

・厳かな雰囲気の中、結婚式が粛々と行われた。

例文の意味としては「厳かな雰囲気の中、ひっそりと静かに結婚式が行われた」という意味です。

最近は賑やかな挙式も多くありますが、例文のようにこのような使い方をすると、伝統的で静かな式なのかなとイメージできますね。

他の例文でも

・社の方針を決める会議が粛々と行われている。

このような使い方をすると、ピンと張り詰めた雰囲気の重要会議が行われているのがわかりますよね。

また、政治家が

・粛々と政策を進めてまいります。

などというと、中には悪いイメージを持つ方もいるでしょう。

というのも、何故か政治家がそのように発言すると、「周りの意見に流されずに淡々と政策を進めていく」といういわゆる独断的な判断で進めるようなイメージを持つためです。

でも、あくまで「粛々と」というのは独断的ということではなく、「強い意志を持って取り組む」というような意味合いなので、捉え違いにならないように気を付けてください。
また、政治などについて発言する際はイメージを損ねないように使わないようにするというのも、一つの使い方かもしれませんね。

あい
このように「粛々と」というのは厳かな式や会議の様子を表す意味合いとして使われる言葉のようですね。
そんな「粛々と」に類語はあるのでしょうか?

似たような意味合いの言葉は多いので、類語もいくつかありそうなイメージですね。
では今度は「粛々と」の類語についてみていきましょう。

「粛々と」の類語や例文は?

静かな風景

では、「粛々と」の類語を見てみましょう。

「粛々と」というと、厳かな、静かなという意味合いがありますよね。

つまり落ち着いた様子を表す言葉です。

このようなことから類語として「淡々と」が挙げられます。

「淡々と」というのは「あっさりしている様」を意味しており、物事や人に対してしつこさがなく、静かに進めていくさま・様子を表しています。

そのため「静か」という意味での「粛々と」と共通する部分があるといえばあるのですが、「淡々と」には「身を引き締める」という意味合いがないので、そういった点で少し異なります。

使い方を例文で見てみると、

・粛々と物事を進める

これを言い換えてみると

・淡々と物事を進める

このようになります。この例文だけでみると、「粛々と」の方は行事のような厳かな雰囲気が感じられるのに対し、「淡々と」の方は何も考えずにただ進めていくだけのような雰囲気がありますね。

このようなことから「淡々と」というのは類語ではありますが、少し意味合いが違うようです。

そのため、使い方としても使うシーンが違いそうですね。

次の類語をご紹介します。

それが「厳粛」です。確かに「粛々と」の「粛」が入っており、「粛々と」の意味合い的にも「厳粛なさま」とあるので、類語に当てはまりますよね。

そんな「厳粛」の意味は「厳かで、心が引き締まる様」です。

まさに「身を引き締める」という意味合いが「粛々と」と同様ですね。

では使い方を例文で見てみましょう。

・粛々と結婚式が行われている。

言い換えると

・厳粛に結婚式が行われている。

となり、イメージ的にも同様の光景が思い浮かびますね。

次に挙げられる類語が「しめやか」です。

「しめやか」も「ひっそりと静かなさま」を意味しており、そういった面では「粛々と」と似ていますよね。

でも「しめやか」には「気分が沈んで物悲しげなさま」という意味もあります。

そのため、「しめやか」の使い方を例文で紹介すると

・しめやかに葬儀が行われた

など、悲しみが伴った出来事に使われる場合があります。

これは「粛々と」と異なる使い方ですよね。

ただ、

・親族の前でしめやかに結婚式が執り行われた

など、お祝いのシーンにおいては「しめやか」は「粛々と」と同じような意味で使えます。

このように類語といってもシーンにおいて同じ雰囲気を意味する場合と、そうでない場合があるんですね。

あい
このように「粛々と」にはいくつか類語がありますが、例文や意味合いをみると多少違う点もあり、使い方には注意が必要なようです。

「粛々と」の意味や使い方は?類語や例文もご紹介!まとめ

「粛々と」というのは「身が引き締まるような静かなさま」を意味する言葉で、使い方としては冠婚葬祭やビジネス面では会議、他にも伝統行事などに使われます。

類語もいくつかありますが、例文を見てわかるように中には多少違う意味合いを含んだ類語もあるので、使い方には注意しないといけませんね。

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-言葉の使い方
-