言葉の使い方

スタイリッシュの意味や使い方・類語は?例文もご紹介!

スタイリッシュ

スタイリッシュの意味や使い方・類語は?例文もご紹介!

ちょっとおしゃれをした時に「スタイリッシュだね」って褒められたりすると嬉しいですよね。

ファッションでもいつの時代もスタイリッシュなファッションは人気があります。

でもスタイリッシュとは具体的にどういうことなのでしょう?

イメージ的にはなんとなくわかるような気がしますが、言葉で意味を説明しようとするとうまく説明できなかったりしますよね。

あい
そこでスタイリッシュの意味や使い方・類語について、例文も交えながらご紹介します。

スタイリッシュの意味や使い方は?

スタイリッシュの意味

そもそもスタイリッシュの意味とはなんなのでしょう。

スタイリッシュというのは英語表記でもあるので、英語の意味から見ていきましょう。

スタイリッシュ stylish

まずは英語の例文で意味と使い方見てみましょう。

These are the new models for this season.
こちら、今シーズンの新しいモデルです。
 
They look so stylish.
とっても素敵ですね。

この例文からわかるように、英語のスタイリッシュとは「素敵」という意味合いがある形容詞です。
他にも

・今風
・流行にのった
・おしゃれな
・かっこいい
・粋な
・上品な
・洗練された

という意味があります。

類語としてはcool、chicなどがありそうですね。

他の類語としてもeleganceなどもありそうです。

ただ、スタイリッシュという感じ方は人によって異なります。

その人の基準や時代によって意味合いは変わっていくようです。

では日本語でのスタイリッシュの意味とはどんな意味なのかというと、

・流行に合っている様
・上品でおしゃれな様

となっており、ほぼほぼ英語での意味合いと変わらないようですね。

なんとなくファッションやインテリアを誉める際に使われる言葉なので、類語もたくさんありそうですね。

もし似たような類語がいくつもあるなら、ファッションやインテリアを褒める時に使えそうです。

では気になるのが使い方です。

使い方で重要なのはどういったシーンで使うのかということです。

実は「スタイリッシュ」は日本語では名詞なのですが、「スタイリッシュな」という使い方をすることで形容詞として使えます。

そのため、ファッションやインテリアはもちろん、その人の様子や雰囲気を説明する際にも使ったりします。

使い方を例文で紹介すると

・スタイリッシュなデザインに一目惚れして買ってしまった。

この例文でわかるように様子を表す形容詞として使います。

形容詞とは人や物の様子を表す言葉です。

物以外にも形に表せない雰囲気などにも使えるので、例文を挙げると

・彼は常にスタイリッシュな雰囲気だ。

などという、使い方もできます。

あい
このように「スタイリッシュ」とは「おしゃれなさま」を意味する言葉で、使い方としては大抵は形容詞としてファッションをインテリアなどを褒める際に使えるようです。
では今度はそんなスタイリッシュの日本語での類語や例文を見ていきましょう。

スタイリッシュを使った例文とは?類語は?

スタイリッシュの例文

ではスタイリッシュの類語は何があるか例文と一緒にみていきましょう。

スタイリッシュの意味をみると色々な類語がありそうですよね。

まずスタイリッシュの類語として挙げられるのが「おしゃれ」です。

使い方を例文で見てみましょう。

・彼はいつもスタイリッシュなファッションだよね。

言い換えると

・彼はいつもおしゃれなファッションだね。

という使い方ができます。

ただ、「おしゃれ」の場合は意味合い的にファッションやインテリアには使えますが、雰囲気などには使えないので、それが違いですね。

次に挙げられる類語が「シック」です。

シックとは上品なさま、垢抜けて洗練されているさまという意味合いがあります。

使い方例文で見てみると

・この部屋のインテリアはスタイリッシュで気に入っている。

言い換えると

・この部屋のインテリアはシックで気に入っている。

似たような意味ではありますが、なんとなくスタイリッシュが今風なのに比べ、シックは落ち着いた雰囲気があるような感じがしますね。

例文を見ても、違う雰囲気を感じられそうです。

そして類語として「かっこいい」も挙げられます。

例文で使い方を見てみると

・彼はスタイリッシュだ。

言い換えると

・彼はかっこいい。

確かに言い換えはできますが、スタイリッシュというのが幅広い意味を含むのに対し、かっこいいというのは意味が狭められている印象がありますね。

そして「ハイセンス」も類語として挙げられます。

ハイセンスとは和製英語で、本来の「グッドセンス」を洗練された様子に言い換えた言葉です。

使い方としては例文を挙げると

・スタイリッシュなファッションだね。

言い換えると

・ハイセンスなファッションだね。

となります。

ただ、ハイセンスの場合は例文で見るとファッションをほめたというより、そのファッションを選んだセンス自体を褒めている感じがありますね。

さらに「上品」も類語の一つとして挙げられます。

上品とは質のいい高級品や品のある雰囲気や性格を表す言葉です。

例文にしてみると

・このリビングはスタイリッシュなインテリアにしよう。

言い換えると

・このリビングは上品なインテリアにしよう。

という風になります。

ただ、読んで雰囲気がちょっと違うように感じませんか。

というのもスタイリッシュは今風なおしゃれを表すのに対し、上品とは昔から変わらず品の良いことを指すからです。

そういった点ではやはりちょっと違うようです。

あい
このようにスタイリッシュには幅広い意味があるため、類語も多くありますが、例文や使い方を見てわかるように全く同じ意味ではないようですね。
唯一無二の言葉として色々なシーンで使えそうです。

スタイリッシュの意味や使い方・類語は?例文もご紹介!まとめ

スタイリッシュというのはファッションやインテリアがおしゃれな時によく使われる言葉ですが、意味合いを見るとその人の雰囲気などにも使えるようですね。

しかも今風という意味合いから、時代によってスタイリッシュの意味も変わってくる可能性もあります。

例文や使い方を見るとわかるように数々の類語より色々なシーンで使えるので、便利です。

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-言葉の使い方
-