言葉の使い方

「先触れ」の意味や使い方は?類語は何?例文もご紹介!

先触れ

「先触れ」の意味や使い方は?類語は何?例文もご紹介!

ビジネスシーンでも「先触れ」という言葉を聞いたりしますよね。

でも、その意味はと聞かれると正確にわかっていなかったりすることもあります。

けど、これから仕事を進めていく上で、きちんとわかっていないと困ってしまう場合があるかもしれません。

あい
そこで、「前触れ」の意味や類語を、使い方や例文と合わせてご紹介します。

「先触れ」の意味や類語は?

先触れの意味

まずは「先触れ」の意味についてみていきましょう。

「先触れ」は「さきふれ」と読みます。

何となく「前触れ」と同じような読み方ですよね。

そんな「先触れ」は、「先」と「触れ」の二つが合わさった言葉です。

「先」とは「事前に」という意味で、「触れ」というのは「人々に知らせる」という意味です。

つまり、「先触れ」というのは「事前に知らせること」という意味があります。

さらにもう一つの意味もあります。

それは「事前に知らせることで、後から起こることを予感させるもの」という意味です。

このような二つの意味を持つ「先触れ」ですが、江戸時代の意味合いや使い方は今とはちょっと違いました。

では、江戸時代の意味はというと、

・身分の高い人が宿駅に到着する前に、事前に準備させること。
・事前に準備するように命令する文書

のことを表していました。

それが時代の移り変わりと共に今の意味に変わったようです。

では二つの意味合いの使い方をそれぞれ簡単に見てみましょう。

まずは一つ目の意味、「事前に知らせること」という意味合いの「前触れ」を使った例文を挙げてみましょう。

・次回の企画テーマについて先触れしておく。

意味は「次回の企画テーマについて事前に知らせておく」ということです。

次の例文も見てみましょう。

・先方には今日の到着時間を先触れしておきました。

意味は「先方には今日の到着時間を事前に伝えておきました」ということです。

このように「事前に知らせる」という意味合いでの「前触れ」の使い方としては、ビジネスシーンでよく使われそうですね。

では二つ目の意味、「後から起こることを予感させること」という意味合いでの使い方を例文で見てみましょう。

・この雷は雪が降り出す先触れだ。

意味は「この雷は雪が降り出す前兆だ」ということです。

他の例文でも使い方を見てみましょう。

・空に虹がかかるのは幸運の先触れだ。これからきっと良いことがあるぞ。

意味は「空に虹がかかるのは幸運の印なので、これからきっと良いことがあるぞ」ということです。

二つ目の意味の使い方としては、このような感じになります。

では、そんな「先触れ」の類語についてみてみましょう。

実は前述で「前触れ」と読み方や漢字が似ていると記述しましたが、「前触れ」は「先触れ」の類語の一つなんです。

意味は「先触れ」と全く一緒で、二つの意味があります。

そのため、言い換えるときもそのまま使えます。

他の類語もご紹介します。

「事前に知らせる」という意味での類語は「予告」があります。

また、「後に起こることを予感させる」という意味合いでの類語は「前兆」、「予兆」があります。

つまり「前触れ」にはその時の意味合いによって当てはまる類語が異なるようですね。

あい
このように「前触れ」には「事前に知らせる」、「後に起こることを予感させる」という二つの意味合いがあり、例文に挙げたように、その時の意味によって使い方や類語が異なるようです。

「先触れ」の使い方を例文で紹介!

先触れの例文

では「先触れ」の意味や類語がわかったところで、使い方をさらに例文で見ていきましょう。

まずは「事前に知らせる」という意味での使い方を例文で見ていきましょう。

・取引先に明日の打ち合わせ時間を先触れしておいてくれないか。

意味は「取引先に明日の打ち合わせ時間を事前連絡しておいてくれないか」ということです。

言い換える際の類語としては「前触れ」や「予告」があります。

次の例文も見てみましょう。

・もし辞めるなら、人手を補充する必要があるから早めに先触れしてください。

意味は「もし辞めるなら、人手を補充する必要があるから早めに言っておいてください」ということです。

こちらも「前触れ」もしくは「予告」という類語で言い換えができますね。

次の例文です。

・本日のホームルームは半年後の修学旅行について先触れします。

意味は「本日のホームルームは半年後の修学旅行について事前に伝えておきます」ということです。

こちらも「予告」という類語がぴったりはまりますね。

このように「先触れ」の「事前に知らせる」という意味での使い方は、「人々に知らせる」という意味合いも含まれているためか、ビジネスシーンや公共の場で使われることが多いようです。

次に二つ目の意味である「後に起こることを予感させること」という意味での使い方についてみていきましょう。

・飛行機雲は雨が降る先触れだ。

意味は「飛行機雲は雨が降る前兆だ」ということです。

類語はまさに「前兆」、「予兆」が当てはまりますね。

次の例文も見てみましょう。

・良いことが続くのは、これから悪いことが起こる先触れなのではないかと思う。

意味は「良いことばかり続くのは悪いことが起こる前兆ではないかと思う」ということです。

確かに良いことばかり続くと、そのツケが後から回ってきそうですよね。

この時の類語も「前兆」や「予兆」が当てはまります。

次の例文も見てみましょう。

・災難に先触れはないから、常に防災バッグを準備しておこう。

意味は「災難に前兆はないから、常に防災バッグを準備しておこう」ということです。

災難・災害は予兆なく起きますから、常に備えは大事ですよね。

そのようなことを述べた例文です。

あい
このように見ていくと、「後に起こることを予感させる」という意味合いで使う場合、その対象は自然などの予測不能なもののようです。
そのため、文章や使い方をみると、「先触れ」がどちらの意味合いで使われているのかがわかるでしょう。

「先触れ」の意味や使い方は?類語は何?例文もご紹介!まとめ

「先触れ」には「事前に知らせる」、「後に起こることを予感させること」という二つの意味があります。

意味によって使い方・類語は違いますが、唯一、「前触れ」はどの意味合いでも使える類語です。

例文に挙げたように、「事前に知らせる」という意味は人を対象、「後に起こることを予感させること」については自然が対象となるので、文章をよくみると、どちらの意味合いで使われているのかが分かります。

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-言葉の使い方
-