言葉の使い方

「添付」の意味や類語は?メールでの使い方を例文でご紹介!

添付

「添付」の意味や類語は?メールでの使い方を例文でご紹介!

ビジネスシーンでも「資料をメールに添付してください」など、「添付」という言葉をよく使ったりします。

でも「添付」の正しい意味はどういうことなのでしょう。

また、メールでの使い方もしっかりと知りたいですよね。

あい
そこで、「添付」の意味や類語、メールでの使い方を例文とあわせてみていきましょう。

「添付」の意味や類語は?

添付の意味

まずは「添付」の意味から見ていきましょう。

「添付」は「てんぷ」と読みます。

「添」は「そえる、付け加える」という意味で、「付」は「つける、つく」という意味があります。

では「添付」の意味はというと、漢字が表すように「書類などのメインとなるものに他のものを添えつけること」を意味しています。

使い方を例文で挙げてみると、

・こちらの書類に免許証などの身分証明書を添付して、提出してください。

例文の意味は「こちらの書類に免許証などの身分証明書を付け加えて提出してください」ということです。

ちなみに「添付」というとメインに付け加えることではありますが、書類などに添付する場合、クリップやホチキスを使って付け加えられているものを「添付」と言います。

ノリやテープで添えられているものに関しては「添付」とは言わないので気をつけてください。

また、「添付」というとビジネスシーンではメールでの使い方が多くなりますよね。

例文を挙げてみると

・いつもお世話になっております。先日、メールに添付させていただいた資料は見ていただけましたでしょうか。

意味は「いつもお世話になっております。

先日メールに添えさせていただいた資料は見ていただけましたか」というふうになります。

メールでの使い方というのは、メールにはファイルを添付、つまり本文以外に付け加える機能があり、それを「添付する」というのです。

添付ファイルとしては画像や文章などが付け加えられます。

ビジネスを進める上では重要ですよね。

メールでの使い方については後ほど詳しくご紹介します。

では今度は「添付」の類語についてみていきましょう。

「添付」にはいくつかの類語があります。

まず一つ目の類語が「貼付」です。「てんぷ」と読んでしまいそうですが、正しくは「ちょうふ」と読みます。

ただ、慣用読みとして「てんぷ」も認められているので、間違いではありません。

そんな「貼付」の意味はというと、「ノリやテープで貼り付けること」を言います。

つまり添えつける方法によって、クリップなどを使えば「添付」、ノリなどを使えば「貼付」になるということです。

二つ目の類語が「別添」です。

「べつぞえ」と読みたくなりますが、「べってん」と読みます。

意味は「別にして添える」ということで、メインの資料に補助となる資料を添えるときに使います。

ビジネスシーンでは外部の資料を添えるときに使われます。

メールでの使い方でも、外部資料を添えることがありますよね。

そんなビジネスシーンでの使い方を例文に挙げると

・次に別添の資料をご覧ください。

といった感じになります。

メインの資料の他に用意した外部資料を見てくださいということですね。

三つ目の類語が「送付」です。

「送付」というと「送り届ける」という意味なので、「添付」とは意味合いが違います。

ただ、「送付」は資料や手紙に同封したり、メールに添付した際に「送付しました」ということができるため、類語の一つとされています。

四つ目の類語は「同封」です。

意味は「封筒の中に一緒に入れること」です。

手紙や郵送、手渡しの際に他のものを添えるときに「同封」を使います。

ただ、「同封」は形あるものに対して使うのに対し、「添付」はデータなどファイルを付ける際などメールでの使い方にも使えるので、その点で違います。

あい
このように「添付」とは「他のものを付け加える」という意味があり、例文でも挙げたようにビジネスシーンやメールでの使い方が多くあります。
類語もありますが、全く同じ意味合いではないので、文によっては言い換えられない場合もあります。

「添付」のメールでの使い方を例文でご紹介!

添付の使い方

では、「添付」の意味や類語がわかったところで、メールでの使い方について例文で詳しくみていきましょう。

というのも、「添付」はビジネスメールで使うことが多く、メールでの使い方をわかっていた方が今後便利になるからです。

まずはビジネスで「添付」を使う際には敬語で使います。

「添付」自体に敬語はありませんが、相手に添付したことを伝える場合は「添付いたしました」という形で使われます。

そして添付資料を確認してほしい旨を伝える際は、「ご確認ください」だと強制的なイメージになってしまうので、目上の人や取引先に送る際には「ご確認のほどよろしくお願いいたします」とした方が丁寧です。

以上を踏まえて、添付のビジネスメールでの使い方を例文で挙げてみましょう。
 

「株式会社○○ 広報部 中村様

お世話になっております。株式会社▲▲ 営業部の山田です。
明日の打ち合わせ資料を添付いたしました。
お忙しい中恐縮ですが、ご確認のほどよろしくお願い申しあげます。」

このような例文になります。

他の言い方をするなら「確認」を「参照」にしても大丈夫です。

「参照」とは「資料や知識などを他の情報と照らし合わせてみる」ことを意味しており、会議資料や打ち合わせ資料などを前もって確認してほしい時などに使えます。

ちなみにこのようなビジネスメールでの添付は他の類語への言い換えはできません。

やはり類語の場合は意味合いが多少違うので、添付のままで使った方がいいでしょう。

さらにビジネスメールでの使い方としては、添付ファイルを送ってもらった際に確認した旨を伝えることも必要です。

そんな時にどういうメールを送ればいいのかというと、「拝受しました」、「拝見しました」と連絡をします。

「拝受」というのは「受け取る」という意味の謙譲語で、「拝見」というのは「見る」という意味の謙譲語です。

へり下った言い方をすることで、相手に敬意を表せます。

具体的なメールでの使い方を例文で挙げると

「株式会社▲▲ 営業部 山田様

お世話になっております。株式会社〇〇 広報部 中村です。

この度は資料をご送付いただき、誠にありがとうございました。
本日拝受しましたので、ご報告申し上げます。」

このようになります。

このメールでは「添付」の類語「送付」が使われていますね。

確かに「添付いただき」とはあまり使わないので、返答メールには類語の「送付」を使った方が自然です。

そして「確認した」という意味で「拝受しました」を使っています。

人によっては「拝受いたしました」と書きたくなってしまうかもしれません。

確かに「いたします」を付けるとより丁寧にはなりますが、すでに「拝受」が謙譲語になっているので「拝受した」で大丈夫です。

あい
このように「添付」というのはビジネスメールでよく使われるので、例文のようなメールでの使い方を覚えておくといいでしょう。

「添付」の意味や類語は?メールでの使い方を例文でご紹介!まとめ

「添付」は「他のものを添え付ける」ことを意味しており、メールにファイルをつけたり、書類に別の書類などを付けるときに使われます。

例文のようにビジネスシーンで使われることも多く、特にメールでの使い方も重要になってきます。

普通のメールですが、書き方を間違えると相手が失礼に感じる場合もあるので、使い方には気をつけたほうがいいでしょう。

また、類語はいくつかありますが、意味合いが多少異なるのであまり言い換えはできないかもしれません。

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-言葉の使い方
-