言葉の使い方

「今日も今日とて」の意味や使い方は?例文も紹介!

今日も今日とて

「今日も今日とて」の意味や使い方は?例文も紹介!

「今日も今日とて」というと、アニメや本の題名のようなイメージですが、実はそういった言葉があります。

セリフとして使われることもあるのですが、具体的にはどういう意味なのでしょうか。

あい
そこで、「今日も今日とて」の意味や使い方を例文とあわせてご紹介します。

「今日も今日とて」の意味や使い方は?

今日も今日とての意味

まずは「今日も今日とて」の意味から見てみましょう。

「今日も今日とて」とは、なんとなく古文のような言い方ですよね。

実はこの言葉は歴史が古く、古文にも登場するような言い方のようです。

ただ、詩的な言い方で心に残りやすいことから、今でもアニメや映画のセリフとして使われているようです。

そんな「今日も今日とて」の意味はというと、読んで字の如く、「いつもと変わらない様子、今日も同じような一日」ということです。

「いつもと変わらない」というと、憂鬱なイメージを持つかもしれませんが、決してマイナスの意味合いを持っているのではありません。

むしろ、平凡でいつも通りということで、そこにはマイナスもプラスもありません。

ただ、後に続く文次第で、マイナスの意味になったり、プラスの意味になったりします。

つまり使い方次第で、いい意味にも悪い意味にも取れるということです。

例文で使い方を挙げてみましょう。

・今日も今日とてコンビニ弁当。

意味は「今日もいつもと変わらないコンビニ弁当」ということです。

大した文ではないのですが、なんとなく詩のような響きですよね。

この文章での使い方をみると、マイナスの意味合いもプラスも意味合いもなく、ただ平々凡々としているような感じですね。

ただ、アニメや映画などのセリフでいう場合、ため息混じりにいうと落ち込んでいるように聞こえる場合もあります。

つまり使い方はもちろん、言い方次第でも印象は変わるのです。

では、そんな「今日も今日とて」に類語はあるのでしょうか。

詩的な表現なのであまり類語はないのではと、イメージしがちですが、意外にいくつかあります。

まず一つ目の類語が「明けても暮れても」です。

太陽がいつも同じように明けて暮れていくことから、「同じような毎日」という意味を持っています。

ただ、「明け」が朝、「暮れ」が夕方を意味することから「朝から晩まで一日中何かをすること」を表しす時に適していると言えます。

例文で使い方を挙げてみると、

・明けても暮れてもクラブ活動に没頭している。

意味は「朝から晩までいつもクラブ活動に没頭している」という意味です。

言い替えると

・今日も今日とてクラブ活動に没頭している。

となります。

そして二つ目の類語が「来る日も来る日も」です。

「同じような毎日が繰り返す様子」を意味しており、どちらかというとマイナスの意味合いで使われることが多くあります。

例文で使い方を挙げると

・来る日も来る日も受験勉強ばかりで、最近は楽しみが全くない。

意味は「毎日毎日受験勉強ばかりで、最近は楽しみが全くない」ということです。

まさに受験生の気持ちを表した文ですね。

さらに三つ目の類語が「代わり映えしない」です。

「いつもと変わらない」という意味で、その変わらないことに退屈を覚えている際に使います。

例文で使い方を挙げてみましょう。

・代わり映えしない日々に鬱々としている。

という感じになります。

意味は「つまらない毎日に鬱々としている」ということです。

言い換えてみると

・今日も今日とて鬱々としている。

となります。

「今日も今日とて」自体にはマイナスの意味合いはありませんが、後に「鬱々としている」と続くことでマイナスのイメージになりますよね。

つまり、「今日も今日とて」は使い方次第でマイナスの意味になるということですね。

そして四つ目の類語が「ルーティン」です。

「ルーティン」とは毎日決まった習慣や行動をすることで、使い方は他の類語とちょっと違います。

例文を挙げてみると、

・毎朝コーヒーを飲むのが私のルーティンだ。

言い替えると

・今日も今日とて、私は朝、コーヒーを飲む。

というふうになります。

あい
このように「今日も今日とて」とは「いつもと変わらない一日」という意味で、それ自体はフラットな状態を表していますが、使い方によってはプラスの意味合いになったりマイナスの意味合いになったりするようです。

「今日も今日とて」の使い方を例文で見てみよう!

今日も今日とての使い方

では「今日も今日とて」の意味と使い方を例文でさらにみてみましょう。

「今日も今日とて」自体はフラットな意味合いですが、後に続く文によりプラスにもマイナスにもなるので、それぞれの例文をいくつかみてみましょう。

まずはプラスの意味合いの文章になるような使い方から見ていきましょう。

例文を挙げてみます。

・今日も今日とて、妻の料理は美味しかった。

意味は「今日もいつも通り、妻の料理は美味しかった」となります。

これは「いつも美味しい料理が食べられる」ということで、プラスの意味合いになっています。

逆に

・今日も今日とて、妻の料理はイマイチだった。

となると、「今日もいつも通り、妻の料理はイマイチだった」ということになり、あまりいい意味合いではなくなりますよね。

では次の例文も見てみましょう。

・今日も今日とて愛しの君に会えた。

意味は「今日もいつも通り、愛しの君に会えた」ということです。

「好きな人に会えた」ということでプラスの意味合いの文章になっていますね。

このように「今日の今日とて」に続く文を、明るい内容にすることで、プラスの意味合いの文章になるようです。

では今度はマイナスの意味合いになる使い方を見ていきましょう。

例文を挙げてみます。

・今日も今日とて仕事に失敗した。

意味は「今日もまた仕事に失敗した」ということです。

流石に仕事に失敗したとなると、マイナスのイメージですよね。

このように、後に続く文にマイナスの文を付けることで、文章自体がマイナスの意味合いになります。

次の例文でも使い方を見てみましょう。

・今日も今日とて就職活動だ。

意味は「今日もいつも通り、就職活動だ」ということです。

文面だけでみると、フラットなイメージですが、セリフとしていう時にため息混じりにいうと、毎日毎日就活ばかりで疲れている、面白みがないといったイメージになります。

つまり、使い方に加え、意味を伝える上では言い方も重要ということですね。

あい
このように「今日も今日とて」は後に続く文章や言い方など、使い方によってプラスの意味にもマイナスの意味にもなるようです。

「今日も今日とて」の意味や使い方は?例文も紹介!まとめ

「今日も今日とて」には「いつもと変わらない様子」を表す意味がありますが、例文のように後に続く文章や言い方などの使い方次第で、プラスにもマイナスの意味にもなるようです。

類語もいくつかありますが、中にはマイナスのイメージが強いものもあるので、言い替える際は意味を確認した上で適当なものに当てはめるといいでしょう。

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-言葉の使い方
-