言葉の使い方

敬具・草々・かしことは?意味や違いを例文と一緒にご紹介します!

手紙

敬具・草々・かしことは?意味や違いを例文と一緒にご紹介します!

社会人になるとお世話なっている方や取引先に手紙やメールでご挨拶をすることがありますよね。

そんな時、普段から手紙などを書いていないとどのように書けばいいのか、書き終わりはどのように締めくくればいいのかわからなかったりしますよね。

よく聞くのが「敬具・草々・かしこ」ですが、その意味の違いについては詳しくわからなかったりします。

あい
そこで、「敬具・草々・かしこ」の意味の違いや使い方について、例文と合わせてご紹介します。

敬具・草々・かしことは?

手紙

まず、敬具・草々・かしことは何なのでしょう。

手紙の書き終わりに書かれているイメージですが、それらの違いは何なのでしょうか。

実は敬具・草々・かしこというのは「結語」と言われる結の言葉です。

「結語」というのは手紙の最後に書く言葉のことで、「頭語」とセットで使います。

「頭語」というのは「結語」と反対に、手紙の書き出しに書く言葉のことです。

「頭語」の種類としては、「拝啓・謹啓・前略」があります。

では、それぞれの意味と使い方、違いを例文を交えて見ていきましょう。

敬具の意味は?使い方は?

まず敬具についてご紹介します。

敬具は「頭語」の拝啓とセットで用いられる結語です。

ちなみに「拝啓」の意味は「へりくだって申し上げます」という意味です。

それに対し、「敬具」には「敬って申し上げました」という意味があります。

つまり敬意を表す相手への手紙に使われる言葉ということです。

使い方を例文で挙げると

「拝啓 
新緑が綺麗な季節となりましたが、お元気でいらっしゃいますか?
皆さま体調にはくれぐれもお気をつけください。 
                             敬具」

文章の書き方としては頭語を書いた後に、時効の挨拶を書き、文の最後に結語となる敬具を書きます。

草々の意味は?使い方は?

次は草々についてご紹介します。

草々は頭語の前略とセットで用いられる結語です。

頭語の「前略」の意味は読んで字のごとく、「前文を省略します」という意味で、手紙の最初に書くであろう挨拶文を省略する際に書く頭語です。

それに対し、「草々」とは「慌ただしくて申し訳ありません」という意味です。

確かに挨拶文を省略するほどですから、そのような意味があってもおかしくはありませんよね。

使い方を例文で挙げてみると

「前略、先日お話しした件なのですが〜      草々」

このように、前略・草々を使う場合は挨拶文を書かなくてもいい分、目上の方への手紙にはふさわしくありません。

逆に目上の方への手紙に「前略・草々」などと書くと、失礼にあたるからです。

そのため、草々を使えるのは普段から連絡をとっているような親しい間柄の人への手紙に使うようにしてください。

かしこの意味は?使い方は?

さいごにかしこについてご紹介します。

かしこは結語ではありますが、特にセットとなる頭語はありません。

そのため、敬具や前略にも使えます。

ただ、かしこには注意しなければいけない点があります。

それは女性特有の結語だということです。

そのため、男性が使うと「あれ?」となってしまうので、気をつけてください。

そして「かしこ」の意味は「これで失礼いたします」という意味です。

同様の言葉として「あらあらかしこ」、「あなかしこ」、「めでたくかしこ」もあります。

例文を挙げると

「前略、先日伺った件ですが〜
また、みなさまに会えるのを楽しみにしています。   かしこ」

前略を頭語に使う場合は挨拶文を書かなくてもOKです。

かしこは女性特有の結語なので、書き終わりに先方を気遣う文を入れると女性らしさが増すかもしれません。

頭語を拝啓にしてもいいのですが、かしこは女性特有の言葉ということもあり、ビジネスの面では使わないのが一般的とされているので気をつけてください。

あい
このように、敬具・草々・かしこはどれも結語ですが、意味はそれぞれ違い、使うシーンにも違いがあります。
例文でも挙げたように使うなら意味や違いを理解した上で使うようにしたほうがいいでしょう。
間違いのある使い方をビジネスでしてしまうと、恥ずかしいですからね。

敬具・草々・かしこの例文は?

敬具・草々・かしこ

では、敬具・草々・かしこの意味や違いがもっと分かりやすいように例文を交えて見ていきましょう。

敬具を使う場合は頭語に拝啓を使います。

そのため、目上の人にあてた手紙を書くうえで使うことが多く、ビジネス面でもよく使う言葉です。

そのため、ちょっとした書き方のマナーがあります。

それが時候の挨拶をしっかり入れるということです。

これは「前略・草々」との大きな違いなので覚えておくといいでしょう。

時候の挨拶とはその季節をひとことで感じられる言葉のことで、例文を挙げると、

・春分の候
・新緑の候
・青葉が美しい季節となりました
・紅葉の時期となりました

などがあります。

そして時候の挨拶のすぐ後に先方を気遣う文を入れるマナーになっています。

頭語と合わせた例文を書くと

「拝啓
新緑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

                       敬具」

といった文になります。

逆に前略は目上の人に使わない言葉なので、ビジネス面では「拝啓・敬具」を使うと覚えておくといいでしょう。

そして前略・草々を使う場合、注意しなければいけないのが、時候の挨拶などを間違って書かないようにするということです。

改まった手紙を書こうとすると、書き慣れていない人の場合、拝啓と前略がごっちゃになったりします。

するとこのような間違いが入った例文を書いてしまう可能性があります。

「前略 新緑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。草々」

実はこれはしっかり書けているようでいて、間違いなんです。

というのも、前略は「挨拶文を省略します」という意味なので、前略を書いた後に挨拶文を書くと矛盾した文章になってしまうわけです。

意味をわからずに書いてしまうと、後々恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

そのため、「前略・草々」を使うのは要件だけを伝える手紙に使うようにするといいでしょう。

ちなみに時候の挨拶だけ省略して

「前略、お元気ですか?」

という書きだしもありそうな気がしますが、実はこの例文も間違いです。

前略の意味をわかっていないと先方に思われてしまいます。

そのため「前略・草々」を使う場合は、出だしからそのまま要件を書くようにしてください。

そしてかしこの例文についてですが、かしこは拝啓・前略、どちらの頭語も使えるので、使い方としては拝啓を使う場合は時候の挨拶を書き、前略の場合は挨拶文を省略するようにしてください。

またかしこは男性は使えないので、それさえ守れば大丈夫です。

あい
このように「敬具・草々・かしこ」は意味だけでなく、例文を見てわかるように、文に挨拶文を入れるか入れないかという違いがあるので、それさえ覚えておけば大丈夫です。

よく手紙に使われる敬具・草々・かしことは?意味や違いを例文と一緒にご紹介します!まとめ

目上の方への手紙の書き方って、慣れていないとよくわからない場合がありますよね。

でも手紙でよく見かける「敬具・草々・かしこ」とは結語のことで頭語とセットになっているので、間違った意味や組み合わせで使わないように意識しましょう。

また、書き方にもマナーがあるので、社会人として手紙を書く場合は間違いのないようにきちんと書いたほうが相手への失礼にもなりません。

わからない場合はネットにたくさんの例文が載っているので参考にできますよ。

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-言葉の使い方
-