言葉の使い方

「会食」と「接待」の違いとは?例文もご紹介!

接待

「会食」と「接待」の違いとは?例文もご紹介!

社会人になると会社で「会食」や「接待」があったりしますよね。

でも「会食」と「接待」の違いってなんなのでしょう。

どちらも食事会のようなイメージがありますから、はっきりとした違いはと言われるとわからなかったりします。

あい
そこで、「会食」と「接待」の違いを例文とご一緒にご紹介します。

「会食」と「接待」の違いとは?

会食と接待

「会食」と「接待」の違いは何なのでしょう。

まずは「会食」と「接待」、それぞれの意味から見ていきましょう。

「会食」

会食とは「人が集まって一緒に食事をすること」を意味します。

そのため、職場の同僚と親睦のために食事をしたり、家族で食事をしたりと色々なシーンでの食事会に用いることができます。

使い方としては「お世話になった先生を囲んでの会食を開催する」、「こちらのお店は法事の会食に適している」、「コロナ禍で行うならマスク会食にしないといけない」、「ママ友とランチ会食の約束がある」などがあります。

このように「会食」とは複数の人数が集まって食事をすることです。

職場や親族など集まる人を問わない食事会ということですね。

ちなみに近年聞くようになった「マスク会食」と言うのはマスクをしたままで行う会食のことです。

最近はコロナの影響でマスク生活が長引いており、他人と食事をする機会が減っています。

それでもやはり直接会食をした方が緊張も和らいで、話がしやすかったり、打ち解けやすかったりとメリットがあります。

そこで、行われるようになったのが「マスク会食」です。

飲食の際のみマスクを外し、会話の際にはマスクをつけるという食事会で、コロナ禍ならではの食事会と言えます。

逆にコロナが流行らなければ生まれなかった言葉なんでしょうね。

そんな「会食」の類語として挙げられるのが「茶話会」や「懇親会」などです。

「茶話会」とはお茶菓子などで気軽に話し合う会のことです。

現代風に言うと、アフタヌーンティーやティータイムのことですね。

厳密には違いますが、そんな感じの軽いお茶会といったところです。

「懇親会」は親睦を深めるために行う会のことで、飲食を伴うことが多くあります。

「茶話会」も「懇親会」も複数で行う飲食の会という点で共通していますね。

ただ、懇親会の中には飲食を伴わない場合もあるので、その点が違いますね。

では、「接待」とはどのような意味なのでしょう?

会食との違いは何でしょうか。

「接待」

「接待」とは「客をもてなす」ことです。

これが「会食」との大きな違いですね。

「会食」は食事会というだけで、誰かが誰かをもてなすという意味合いはありません。

しかし「接待」は誰かが誰かをもてなすという意味なので、主にビジネスで使われます。

そのため、使い方としては「接待する」、「これは接待費として経費にあげてください」などがあります。

また、「接待」というと取引先などをもてなす食事会といったイメージが強いですが、実は食事会以外にも使えます。

その有名な一つが「接待ゴルフ」です。

いわゆる取引先とのゴルフですよね。

ゴルフ場に誘ってプレイを楽しみながら、先方をもてなすという意味合いがあります。

他にも「接待土産を何にしようか迷う」、「接待のお礼メールを送る」などがあります。

そんな「接待」という言葉ですが、実は仏教に由来する言葉です。

仏教ではお布施の一つとして修行僧に湯茶を振舞ったりしていましたが、ここから「接待」という言葉が生まれました。

そして「接待」の類語として挙げられるのは「馳走」、「接客」などです。

「馳走」とは食事などを出してお客をもてなすことで、「接客」もお客をもてなすことです。

つまり、「接待」とは誰かをもてなす意味合いがあり、これが「会食」との大きな違いなんですね。

また、「会食」は飲食を伴いますが、「接待」については飲食を伴わない場合があります。

これも違いの一つですね。

あい
このように「会食」と「接待」の違いは飲食を伴うかどうか、誰かをもてなすためのものかどうかが違いのようですね。

「会食」と「接待」の例文をそれぞれご紹介!

食事

では、「会食」と「接待」の違いを踏まえつつ、それぞれの例文を見てみましょう。

例文をいくつかみると、意味の違いもよくわかりますよ。

まずは「会食」の例文から見ていきましょう。

・感染リスクを下げながら会食を楽しめる方法を探そう。
・春になると、新入社員との親睦を深めるために会食会が催される。
・法要後の会食会で、久々に会った友人と昔話で盛り上がった。
・重要な取引先との会食の日程調整を任された。

やはり、どれも複数での食事会を意味していますね。

同僚、友人など幅広いシーンでの食事会に使える言葉です。

取引先との食事会は「会食」ということもあれば、そこに先方をおもてなしする意図があるようであれば「接待」というので、使い分けには気をつけてください。

では、今度は「接待」の例文を見ながら意味の違いを確認しましょう。

・取引先との接待に後輩を連れて行く。
・日曜日は大事な取引先との接待ゴルフだ。
・今度のイベントでは接待係を任された。
・接待の手土産に有名店のお菓子を用意しないと。

などがあります。

例文を見てもわかるように、「接待」には食事会が含まれたいない場合があり、これが「会食」との違いですよね。

「接待」を使うのはほとんどがビジネスシーンに限られるようですね。

そのせいか、「接待」にあまりいいイメージを持たない人も多いようです。

「接待」される方はいいかもしれませんが、「接待」する方はおもてなし方によっては仕事がうまく行くかどうかがかかっており、プレッシャーがあったりしますからね。

あい
このように例文をみると、「会食」と「接待」の違いがよくわかりますね。

「会食」と「接待」の違いとは?例文もご紹介!まとめ

「会食」と「接待」の違いは、飲食を伴うかどうか、誰かをもてなすかどうかが違いのようです。

おもてなしという点で、接待はビジネスで使うことが多いようですね。

一方、会食はビジネスだけでなく、友人知人など幅広いシーンで使えます。

このような意味の違いを踏まえて使い分けてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-言葉の使い方
-