言葉の使い方

「頂く」、「戴く」の意味の違いや使い方は?例文も紹介!

いただく

「頂く」、「戴く」の意味の違いや使い方は?例文も紹介!

目上の方から贈り物をもらった時など「頂いた」と使う時があります。

でも「頂く」には「戴く」もあります。

ではこの二つに意味の違いや使い方の違いはあるのでしょうか。

あい
そこで、「頂く」と「戴く」の意味の違いや使い方を例文と一緒に見ていきましょう。

「頂く」、「戴く」の意味の違いや使い方は?

頂くと戴くの違い

まず、「いただく」というと平がなの「いただく」もあります。

平がなの「いただく」の使い方としては「ご覧いただく」、「お越しいただく」などがあります。

例文で挙げてみると

「ご覧いただき、ありがとうございます」

といった、補助動詞としての使い方なのですが、文部科学省によってひらがなで表記すると定められています。

例文でNG文を挙げると

「ご覧頂き、ありがとうございます」

これは間違った使い方ということです。

ひらがなでの使い方は「頂く」、「戴く」とはまた違いますので気を付けてください。

では漢字の「頂く」、「戴く」の意味の違いについてみていきましょう。

まずは「頂く」の意味からご紹介します。

意味は「食べる・飲む」の謙譲語としての意味と、「もらう」の謙譲語として使用する2つの意味があります。

確かに食事の時、日本人は「頂きます」と言いますよね。

まさにご飯を「頂く」ということで「頂きます」というのです。

また、「もらう」の謙譲語としての使い方としては、目上の人から金品や恩恵となるような動作を受けることを、受け手を低めていう言い方となっており、例文で使い方を挙げてみると

「上司からお土産を頂いた」

という使い方ができます。

このように「頂く」には2つの意味があるのです。

ちなみに辞書で「頂く」と引くと「頂く・戴く」と掲載されていることがあります。となると、意味に違いはないのでしょうか?

実はこの2つの違いの一つは常用漢字であるかどうかです。

「頂く」という漢字は常用漢字なので普段使いできますが、「戴く」は常用漢字ではありません。

そのため、ビジネスシーンなどの文章には使わないのが一般的です。

では意味に違いはないのかというと、若干の違いがあります。

「戴く」の「戴」には「面を持ち上げてかぶせる」「頭に物をのせる」という意味があります。

「頂く」と同様の意味も含まれていますが、「頂く」で表した場合より対象が自分より非常に上である場合や、物品や品物に関わる時に使用されるのです。

つまり簡単にいうと、「戴く」の方が「頂く」より目上の方に使う言葉だということです。

「戴く」の使い方を例文で見てみると、

「憧れの野球選手にサインを戴いた」

などがあり、自分にとって特別な存在の人から何かをもらった際などに使えます。

では「頂く」と「戴く」の使い方の違いを例文で見てみると

・お菓子を頂く・・・お菓子を食べる
・お菓子を戴く・・・お菓子をありがたく受け取る

こうやってみると、かなりの違いがありますね。

あい
このように「頂く」と「戴く」は大まかな意味は同じものの、常用漢字であるかどうかという点と使う対象によって違いがあるようですね。

「頂く」、「戴く」の例文も紹介!

頂くと戴くの例文

では「頂く」と「戴く」の意味や使い方の違いがわかったところで、さらにわかりやすいように例文で見てみましょう。

まずは「頂く」の使い方を例文で見てみましょう。

・記念パーティーでご馳走を頂いた。

「食べる」という意味合いでの「頂く」を使った例文ですね。

意味は「パーティーでご馳走を食べた」という意味です。

では次に「もらう」という意味での「頂く」の使い方を見てみましょう。

例文を挙げてみます。

・課長に夕食をご馳走して頂いた。

こちらの意味は「課長に夕食をご馳走してもらった」ということです。

例文のように「していただく」という使い方もできます。

今度は「戴く」の使い方を例文で見ていきましょう。

・社長賞を戴き、大変光栄に存じます。

社長賞とは社長から戴く賞ということで、ビジネスではかなりの目上の人からもらえる賞です。

そのため、このシーンでの「いただく」は「戴く」を使うのです。

他の例文も見てみましょう。

・尊敬する先生から心に残るお言葉を戴きました。

こちらも目上の人から言葉をもらったということで「戴く」を使っています。

このように「頂く」の場合は身近な目上の人から何かをもらった際に、「戴く」の場合は自分が尊敬する人や普段なかなか会えない人にもらった際に使うなどの違いがあるようですね。

ちなみに「頂く」の「頂」と「戴く」の「戴」の両方の漢字を使った「頂戴」という言葉もあります。

これらも意味は「頂く」「戴く」と同様ではあるものの、よりへり下った言い方という点で違います。

使い方を例文で挙げると

・貴重なご意見を頂戴いたしました。

クレームなどの電話でも使われる言葉ですね。

クレームの際は相手はお客様ですし、そんなお客様に失礼な思いをさせてしまったということで、さらにへり下った「頂戴」を使う場合があります。

さらにビジネスシーンでの使い方としては

・頂戴した資料について、お伺いしたいのですが。

などがあります。

先方が取引際の場合、失礼な言い方はできません。

そこでへり下った「頂戴」を使う場合があるのです。

「頂く」、「戴く」と同様でビジネスシーンで使うこともあるので、覚えておくといいかもしれませんね。

さらに同様の言葉として「賜る」という言葉もあります。

特にあらたまったシーンで使う「もらう」の謙譲語で、身近な目上の人に使うと嫌味に聞こえてしまうので使うシーンには気を付けてください。

使い方を例文で挙げてみると

・立派なお品を賜りまして、ありがとうございます。

などがあります。

「頂く」、「戴く」よりあらたまったシーンで使うという点で違いがありますね。

あい
このように「頂く」、「戴く」を使うシーンにはそれぞれ違いがあるので、きちんと意味を理解して使うシーンを間違えないようにしないといけませんね。

「頂く」、「戴く」の意味の違いや使い方は?例文も紹介!まとめ

「頂く」、「戴く」はほぼほぼ同じ意味ではありますが、使うシーンや相手など使い方に違いがあります。

例文のように、ビジネスシーンで使うこともある言葉なので正しい意味を理解して使うことをおすすめします。

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-言葉の使い方
-