言葉の使い方

「優に超える」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!

優に超える

「優に超える」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!

「優に越える」というのはニュースなどでもよく聞く表現ですよね。

「観客数が優に○万人を超えました」など、色々なシーンで聞きます。

でも、なんとなくイメージはわかっていても正しい意味はわからなかったりしますよね。

あい
そこで、「優に越える」の意味や類語を例文とあわせてご紹介します。

「優に超える」の意味や類語は?

優に超えるの意味

まずは読み方から見ていきましょう。

「優に越える」は「ゆうにこえる」と読みます。

ではどういう意味かというと、漢字を一つずつみてみましょう。

「優」というのは「十分に、楽に」という意味で、余裕がある様子を表しています。

さらに「越える」というのは「数量・範囲・程度などが上回ること」を意味しており、「優に越える」というのは「十分に余裕を持って超えている・抜きん出ている」という意味になるのです。

使い方としては例文を挙げると

・今回のイベントの参加人数は2万人は優に越えるだろう。

意味は「今回のイベントの参加人数は余裕で2万人以上になるだろう」ということです。

このように「優に越える」というのは何かの大きさや数を表す際に使えます。

さらに数に表せない能力・才能などにも使えます。

例文で使い方を挙げると

・今年の新入社員の能力は昨年度を優に越えると言われているので、楽しみだ。

意味は「今年の新入社員の能力は昨年の社員の能力を上回ると言われているので楽しみだ」ということです。

ただ、上記の例文のように比較で使う際には注意が必要です。

「AはBを優に越える」と使うと、Bからしたらあまりいい気がしませんよね。

そのため、使うシーンや使い方には注意が必要です。

そんな「優に越える」という言葉には類語があるのでしょうか。

実はいくつかの類語があります。

では、そんな類語を一つずつ見ていきましょう。

まずひとつ目に紹介するのが「十分に」という言い方です。

前述の例文に当てはめてみると

・今回のイベントの参加人数は2万人は十分に越えるだろう。

と、なります。

さらに同様の類語で「少なからず」もあります。

言い換えると、

・今回のイベントの参加人数は少なからず2万人は越えるだろう。

と、なります。

さらに「ざっと?はくだらない」という言い方も類語になります。

例文を言い換えると、

・今回のイベントの参加人数は、ざっと2万人はくだらないだろう。

という使い方になります。

そして「軽く上回る」という言い方にも変えられます。

・今回のイベントの参加人数は2万人は軽く上回るだろう。

となります。

また、「優に越える」という言い方に敬語はありません。

ビジネスシーンで使うこともあるかもしれませんが、上司や取引先など目上の人にはあまり使わない方がいいでしょう。

あい
このように「優に越える」には同じような意味の類語・言い回しがあり、言い換えも簡単にできます。
ただ、比較で使う際には、聞き手によっては失礼に感じる場合もあるため、使い方には注意が必要です。

「優に超える」の使い方を例文で見てみよう!

優に超えるの使い方

では「優に越える」の意味や類語がわかったところで、さらに使い方を例文で見てみましょう。

まずは大きさや数量を表す際の使い方を例文に挙げます。

・走行距離は100kmは優に超えた。

意味は「走行距離が十分に100kmは超えた」ということで、類語としては「十分に」が当てはまります。

次の例文は時間に対しての使い方です。

・人気店なので待ち時間は2時間は優に超えるだろう。

意味は「人気店なので待ち時間は少なからず2時間は越えるだろう」ということですね。

類語としては「少なからず」が当てはまります。

次の例文です。

・集まった人は1万人は優に越えるのではないか。

意味は「集まった人は軽く1万人は上回るだろう」ということです。

この例文での類語・言い回しとしては「軽く上回る」が当てはまりますね。

今度は能力などを表す際の使い方を例文で見てみましょう。

・今回は前回を優に超える出来栄えの作品ができた。

意味は「今回の作品の出来栄えは前回を上回る」ということです。

この例文での類語としては「軽く上回る」といった意味合いが当てはまりそうです。

次の例文です。

・彼のスキルは私のそれを優に超えている。

意味は「彼のスキルは私のスキルを十分に超えている」ということです。

また、次の例文でも使い方を見てみましょう。

・Aさんの今月の実績は同期のBさんを優に越えるようだ。

意味は「Aさんの今月の実績は同期のBさんを軽く上回っているようだ」となります。

ただ、このような比較で使う場合、Bさんからすると「自分の成績がとても悪い」というように聞き取れます。

そのため、使うシーンには注意が必要です。

また、ビジネスシーンでは商品やサービスを比較する時もあります。

そんな時の使い方を例文で挙げると

・我が社の商品はC社のそれを優に越えるものとなっています。

といった使い方もできますが、これはC社を貶めるような言い方になってしまします。

聞き手によっては不快に感じるかもしれないので、あまりこのような使い方はしない方がいいでしょう。

特に取引先の方にこのようにいうと印象が悪くなってしまう可能性もあるので注意してください。

あい
このように「優に越える」というのは色々なシーンで、大きさや数量、能力が十分にあることを表す際に使えます。
ただ、例文に挙げたように比較といった使い方では、聞き手にとってはあまりいいイメージに捉えられてしまうこともあるため、使い方・使うシーンには注意が必要です。

「優に超える」の意味や類語は?使い方を例文で見てみよう!まとめ

「優に越える」というのは「十分に余裕を持って越える・上回る」という意味で、色々なシーンに使えます。

似たような意味合いの類語や言い回しも多く、言い換えもできます。

ただ、2つ以上のものの能力やスキルを比較する際は、例文に挙げたように使い方・言い回しによっては聞き手が失礼に感じてしまう場合もあります。

「優に越える」という言葉自体、丁寧語もないため、あまり目上の人に対して使える言葉ではありません。

そのため上司や取引先など目上の人に対するビジネスシーンでの使い方には注意が必要です。

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-言葉の使い方
-