言葉の使い方

「思料」と「思慮」の意味の違いとは?例文もご紹介!

思慮

「思料」と「思慮」の意味の違いとは?例文もご紹介!

「思料」と「思慮」、共に同じ漢字を使い、読み方も似ていることから同じ意味なのではと思いがちですよね。

でも実は意味も使い方も違うんです。

あい
では、そんな「思料」と「思慮」の意味の違いを例文とあわせてみていきましょう。

「思料」と「思慮」のそれぞれの意味とは?

思料と思慮

それでは「思料」と「思慮」のそれぞれの意味から見ていきましょう。

まずは「思料」の意味から見ていきます。

「思料」は「しりょう」と読みます。

意味は「色々と思いを巡らせて考えること」です。

つまり、「こうではないか」と色々と考えることです。

ただ、「思料」というのは「思慮」と違い、あまり見かけない言葉ですよね。

実は一般的に使われる言葉ではないのです。

ではどういった場合に使われる言葉なのかというと、主に法曹界で使われます。

法曹界というのは法廷などの場のことで、法廷では検察や検事、弁護士、裁判官が証拠などを考慮した上で、判決についてよく考えますよね。

まさにそういった場で使われる言葉なのです。

では使い方を例文で見ていきましょう。

・裁判官はしばらくの間、思料していた。

このような使い方をします。

「思料」の「料」とは「はかる、おしはかる」という意味合いで、つまり「思いをおしはかる」、「よく考える」ということで使われるのです。

確かに法廷では裁判官や検事、弁護士などが色々なことを踏まえた上で、判定を下すために色々と思いを巡らせて、考えますよね。

このようなことから「思料」というのは例文のように法曹界でよく使われる言葉の一つとなっているのです。

ちなみに「思料」は例文でもわかるように「思料する」というように動詞としての使い方をします。

では今度は「思慮」について見ていきましょう。

「思慮」は「しりょ」と読みます。

「思慮」の意味は「注意深く心を働かせて考えること、その考えそのもの」です。

こうやってみると、「思料」との違いがあまりないように感じますね。

では「思慮」の使い方について例文で見ていきましょう。

・彼は思慮に欠けている。

この例文を見てわかるように、「思慮」は名詞として使います。

そして「思料」とは違い、いろいろなシーンで使われます。

では、このような「思料」、「思慮」の類語にはどんな言葉があるのでしょうか。

実はいろいろな類語があります。

・思索(筋道を立てて深く考えること)
・考慮(そのことをよく考えてみること)
・熟考(よくよく考えること)
・考察(物事を明らかにするためによく考え調べること)
・熟慮(よく考えをめぐらすこと)
・勘案(あれこれを考え合わせること)
・思惟(心で深く考えること)

このように似たような意味合いの言葉はたくさんあります。

ただ、法曹界特有の言葉は「思料」だけのようですね。

あい
つまり「思料」と「思慮」は意味合いは似ているものの、例文のように使い方に違いがあるようですね。
ではその違いについてもっと詳しく見ていきましょう。

「思料」と「思慮」の違いは?例文もご紹介!

思料と思慮の違い

「思料」と「思慮」の違いについてもっと詳しく見ていきましょう。

前述したように意味合い的にはほぼ変わらないことが分かりましたね。

では何の違いがあるのかというと、大きく2つあります。

1つ目の違いは「思料」は法曹界で主に使われる言葉ということです。

確かに普段生活している時にはなかなか聞かないですよね。

もし聞くとすれば裁判などのニュースで聞くぐらいです。

稀に市役所などの文章やビジネスシーンでも使われることもあります。

2つ目の違いは動詞か名詞かということです。

「思料」は動詞なので、使い方を例文で挙げてみましょう。

・裁判官が思料しているように俯いている。

この例文の意味は「裁判官がよく考え込んでいるように俯いている」ということです。

「思料している」というふうに動詞として組み込まれていますよね。

他の例文でも見てみましょう。

・検察官が新たな証拠の提出で思料しているようだ。

こちらの意味は「新たな証拠の提出により、今後の流れをよく考えている」といった感じですね。

こちらも動詞として使われています。

これらの例文で挙げたように、「思料」は動詞として使われるのです。

一方、「思慮」は名詞です。そのため、使い方を例文で挙げると

・彼女は思慮深く、頼れる。

この例文の意味は「彼女は深く考えているので、頼れる」という意味合いです。

こちらは分かりづらいかもしれませんが、「深く考えていること」という名詞としての意味合いで使われています。

次の例文を見てみましょう。

・私の思慮が足りないばかりに、彼に辛い思いをさせてしまった。

こちらの意味は「自分の考えが浅はかだったため、彼に辛い思いをさせた」というふうになります。

この文では「考え」という名詞の意味合いで使われていますね。

ではもっとわかるように両者の例文をいくつか見てみましょう。

まずは「思料」の例文を見ていきましょう。

・双方の今後の展開を思料すると、この辺りで締結しておいた方がいいでしょう。

・何らかの危害を及ぼすと思料される場合は、必ず報告するようにしてください。

これらの例文はビジネスシーンでの使い方を挙げています。

このように「思料」というのは法曹界だけでなく、稀にビジネスでも使われるので、社会人になったのなら覚えておくといいでしょう。

では次に「思慮」についての例文を見ていきましょう。

・旦那の思慮に欠ける言動で深く傷つけられた。

・彼の思慮ある行動により、プロジェクトが成功した。

「思慮」については一般的に使われやすい言葉なので、シーンを選ばずに使えます。

つまり、名詞か動詞かということで文章への組み込み方も異なるようですね。

あい
このように「思料」と「思慮」には大きな違いが2つあります。
意味は似ているものの、例文で挙げたように使うシーン、使い方に違いがあるので、混同しないように注意したほうがいいでしょう。

「思料」と「思慮」の意味の違いとは?例文もご紹介!まとめ

「思料」と「思慮」は同じ漢字を用いて、同じような読み方をするため、同じ意味・使い方をするように思われがちです。

しかし、実際は例文で挙げたように、「思料」は動詞で、「思慮」は名詞で、使うシーン・使い方が異なるので、注意してください。

  • この記事を書いた人
アバター

あい

雑学大好き!季節のイベントの雑学、または最新ニュースなどを面白く、そして分かりやすくご紹介します!

-言葉の使い方
-